現地時間16日にリーガエスパニョーラ第4節の試合が行われ、ヘタフェはホームにバルセロナを迎えて対戦し1-2の敗戦を喫した。この試合でヘタフェ所属の日本代表MF柴崎岳が決めたスーパーゴールが、今節のベストゴールに選出されている。

 リーガ・エスパニョーラの公式サイトが柴崎の得点を動画付きで紹介。「柴崎の衝撃的なボレーは、第4節の“五つ星”」とのコメントと共に柴崎のゴールを振り返っている。チームは敗れたものの、強く印象に残った得点だったようだ。

 ただ、柴崎はこの試合中に負傷。ヘタフェを率いるホセ・ボルダラス監督は「我々は心配している。彼は唯一無二の存在だった」とコメントし、柴崎の早期復帰を願っている。