バルセロナが夏の移籍市場でボルシア・ドルトムントから獲得したフランス代表FWウスマン・デンベレについて、設定されたボーナスなど契約の詳細が明らかになった。独誌『デア・シュピーゲル』が伝えている。

 バルサは移籍金1億500万ユーロ(約140億円)という巨額を投じての完全移籍でデンベレを獲得。これだけでもすでにクラブの史上最高額を更新する大型補強だが、設定された目標を達成すれば最大でさらに4000万ユーロ(約53億5000万円)というボーナスがドルトムントに支払われるという。

 その4000万ユーロの詳細な内訳が明らかになった。デンベレがバルサで公式戦25試合出場、50試合出場、75試合出場、100試合出場を達成するたびに、500万ユーロが追加されるという。100試合に出場した時点で、ドルトムントには総額2000万ユーロ(約26億8000万円)が支払われることになる。

 残り半分の2000万ユーロは、チャンピオンズリーグ(CL)に関連付けられている。バルサがCLに1大会出場するたびに500万ユーロ(最大2回分)、CLで1回優勝するたびに500万ユーロ(最大2回分)が移籍金に加算されるとのことだ。

 一方、デンベレがバルサで受け取る給与額も明らかにされている。年俸は1200万ユーロ(約16億円)で、ドルトムント時代の5倍になるという。

 だがデンベレはバルサでの出場3試合目となった今月16日のヘタフェ戦で負傷し、しばらく離脱を強いられる見通しとなった。これにより、出場数に応じて設定されたボーナスの達成は遅れることになる。