敵将も白旗の圧倒的な強さ。今季のシティは未だ負けなし

 マンチェスター・シティが強い。昨季は序盤戦こそ好調だったものの、その後の不振から抜け出せなかった。だが今季はパフォーマンスを落とす気配すら見せない。ペップ・グアルディオラ体制2年目にして、これだけの力強さを維持できている背景には何があるのだろうか。(取材・文:松澤浩三【イングランド】)

——

 ペップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティの進撃が止まらない。昨季も序盤戦は好調で公式戦開幕10連勝と最高のスタートを切ったが、9月下旬のチャンピオンズリーグ(CL)のセルティック戦を3-3で引き分けると、直後の5試合も勝利から見放された。破竹の勢いはどこかへと消え、その後は、シーズンを通じて再び強さを感じさせるパフォーマンスを見せることはなかった。

 翻って今季は昨季に勝る好調ぶりで、ここまで13勝1分の負けなし。特筆すべきはその攻撃力だ。開幕から14戦を終えた現時点で、チーム総得点数は42(リーグ戦:32、CL:8、リーグ杯:2)に対して総失点数はわずか6(リーグ戦:4、CL:1、リーグ杯:1)。4点差以上をつけて勝利した試合がすでに5試合もある。

 直近のプレミアリーグでも、勢いに乗るバーンリーを3-0であっさりと退けた。さらに前週のストーク戦では、流れるようなパス回しと抜群の決定力で7-2と圧倒。敵将は以前にシティを指揮していたマーク・ヒューズで、ブルーズ(シティの愛称)に対してはいつも辛口な元監督までも「パス、そしてシュートの質が高く、何もできなかった」と白旗を揚げた。

 とはいえ今後もこのハイペースを維持してゴールを量産し続けるのは容易ではなく、残り7ヶ月あるシーズン中にはスランプに陥ることもあるだろう。しかしながら、個人的には、昨季のように大失速する可能性は低いと感じている。今季のチームの完成度の高さを考慮すると、必然的にそのような評価に落ち着くからだ。

 先述のとおり、シティの攻撃力は爆発的だ。ただ、今季の強さの根底にあるのはそれではない。結論からいえば、グアルディオラ政権2年目のチームには“ペップイズム”が浸透したからである。

 昨季シティの選手たちは、新たにやってきた指揮官の持つフットボール哲学やそのコーチぶりを褒めたたえた。昨年の夏チームに加入したばかりのジョン・ストーンズは「練習と実践、すべての面から毎日いろいろなことを吸収している。学ぶことは多いからすべてを吸収するのは大変」と舌を巻き、ファビアン・デルフなどは「監督と過ごした最初の2週間で、これまでサッカー選手として過ごした10年間よりも大きなことを学んだ」と口にしたほどであった。

選手の才能を引き出し、伸ばす。グアルディオラの特別な能力

 だが昨季のシティの選手たちは、“ペップ・グアルディオラ”という現役最高監督と目される存在に心酔した一方で、フットボール史上に残る智将の求める質の高いサッカーを体現することができなかった。しかし1シーズンを終えて迎えた今季は、ペップの持つ理論をしっかりと理解したうえで、ピッチ上で具現化させることに成功している。

 現在のシティを見ていると、サッカーがシンプルなスポーツであると改めて確認させられる。「点を多く取ったほうが勝つ。それならば、より多く点を奪おう」という意識の下で行われるサッカーだ。そのためには高い位置から敵のDFやMFに対して、1人、2人、3人と次々にプレッシャーをかけてボールを奪い、そこからすぐに攻撃に転じて敵のゴールを襲撃し、得点の可能性を高めていく。

 そのプレーぶりは、当たり前かもしれないが、ペップの率いたバルセロナを彷彿とさせる。指揮官の持つ目的意識を選手が共有しピッチの上で形にしているのだ。例えばセルヒオ・アグエロは、ペップがやってくるまでのチームでは決してプレスをかけることがなく、点を取ることだけに専念していた。球離れが悪く、独善的なプレーが目立ったラヒーム・スターリングも、今ではワンタッチ、ツータッチでボールを捌いてパス&ムーブが当たり前になった。
 
 英『タイムズ』紙でサッカー部門の主筆を務めるヘンリー・ウィンター氏は、アグエロやスターリング、ストーンズを例に挙げて「グアルディオラは才能を引き出す監督」と評価している。

「ストーンズは今季これまでのところのベストCBで、スターリングは477分プレーして6得点2アシスト。素晴らしいリターンだ。グアルディオラの下、プレーの選択をする判断力が大幅に改善されて、フィニッシュも目に見えて上手くなった。アグエロはペナルティエリアの外でも仕事のできる、よりオールラウンドなストライカーになっている」

 リバプールのレジェンドのケニー・ダルグリッシュを父に持ち、『BBC(英国国営放送)』や『スカイスポーツ』で活躍するフットボールジャーナリスト、ケリー・ケイツ氏も「高いカネで選手を獲っているように見えるが、そういったすでにトップレベルの選手をさらに上達させるのがペップの技術」とスペイン人指揮官を称賛する。

最大の補強はGK。もはやストロングポイントに

 確かに、これら識者の言葉どおり、今季のシティの選手たちのプレーにはシャープさが増し、プレー判断や運動量が大きく向上している。ここまで絶好調で超絶アシストを連発するケビン・デ・ブライネや、2年目にしてシティファンのハートをガッチリ掴んだレロイ・ザネしかり、さらに言えば、ダビド・シルバやフェルナンジーニョといった30台の選手で、すでに伸びしろがないかと思われたベテラン陣でさえも例に漏れない。

 無論、指揮官が考えるサッカーを実践できている要因のひとつには、夏の間に自身好みの選手を獲得できたこともある。自分の目指すサッカーを展開するための基盤ができたのだ。そしてこれら新加入選手のおかげで、選手層が厚くなり、全体的にスケールアップしているのも、今季の強さの理由だ。
 
 最も大きな違いは、昨季最大の懸念点であったGKだ。このポジションにはブラジル代表のエデルソンが加わったおかげで、今ではシティのストロングポイントに変わった。

 敵のシュートをことごとくゴールに変えたクラウディオ・ブラーボが最終ラインに不安ばかりをもたらしたのに対して、エデルソンの安定感は抜群だ。素晴らしい体躯を誇り身体能力も高く、グアルディオラ好みの足もとの技術も備え、フィードの精度も格別。さらに瞬時の判断力も光る。

 先日、地元の『BBCラジオ・マンチェスター』のサッカー番組内では、参加したシティファンや元選手たちのほぼ全員がこのブラジル代表について「ペナルティエリアを支配している。夏の最も重要な買い物だった」と同意していたが、当然の評価だ。

 また同番組ではシティのレジェンドであり、1990年代後半から2007年までマンチェスター・ユナイテッドのGKコーチを務め、現在アストン・ヴィラのリクルートメント長となったトニー・コトンのコメントも紹介。「現状ではプレミアリーグにエデルソン以上のGKはいない。すべてを兼ね備えている」と伝え、「エデルソンの加入は、同時に守備陣に安心感を与えている」と付け加えた。

 コトンの指摘どおり、守備の基盤となる信頼の置けるGKを後ろに配した今季のストーンズとニコラス・オタメンディの安定度には目を見張るものがある。バーンリー戦前の記者会見では指揮官も2人について言及し、「とても感心している。攻撃陣について話すことが多いが、ジョンとニコはともに過去1ヶ月は特に素晴らしい」と喜んだ。

快進撃はいつまで続く? ファンは早くも“四冠”を…

 特にストーンズについては、「昨季はミスが多く、1試合中確実に1つか2つミスをしていて、集中力が欠けていた」と説明し、「しかし今季はボールに集中している。彼のクオリティの高さはもともと分かっているし、常に進化している」と、教え子の日就月将の成長ぶりに目を細めていたのが印象的だった。

 話を新加入選手に戻すと、GKと並ぶ大きな補強ポイントだった両サイドバックも、右にはトットナムから加入したカイル・ウォーカーが素早くチームにフィットしている。ウォーカーは持ち前の攻撃力をいかんなく発揮し、豊富な運動量で守備面でも貢献度が高い。一方の左サイドには、モナコから獲得したバンジャマン・メンディが存在感を示していたが、先月23日のクリスタル・パレス戦で右ひざを怪我して長期離脱となってしまった。

 代わって登用されたのは、中盤が本職のデルフ。過去2年間ほぼ出番のなかった選手だが、それだけに新しい選手を補強したのと同じような効果を持っている。またD・シルバやデ・ブライネの好調でスタメンの機会は少ないものの、ベルナルド・シルバも出場すれば好プレーを見せ、今季の補強は軒並み成功している。

 ここまでのところは何もかもが順風満帆のように見え、ペップ自身も昨季のようなフラストレーションを募らせていない。それは試合後の記者会見やインタビューでジョークを言う姿からも容易に感じ取ることができる。明るい表情が目立ち、前述のストーク戦や2-1で勝利した先日のCLナポリ戦後には、「とてもハッピーだ」と繰り返した。勝敗よりも内容を大事にするだけに、チームが自分の考える攻撃的なサッカーがハマり、そして勝利を重ねていることがたまらなく嬉しい様子だ。

 選手、そして監督としても豊富な経験を持つペップ自身も、これまでと勝手の違う1年目のプレミアリーグで学んだことが多かったに違いない。例えば、昨季は毎週のように先発メンバーやシステムを変え続け、今季はメンバーを固定し結果を残している。そういった指揮官自身の成長も、好調につながっているといえるだろう。

 最高のスタートを切っただけに「プレミアリーグ、CL、FA杯、そしてリーグ杯の”クアドルプル(四冠)”を取る!」と、シティのサポーターの鼻息は荒い。しかしまだ10月下旬。シーズン中は一山もふた山もあることが予想されるが、果たしてこのまま快走を続けることができるのだろうか。

(取材・文:松澤浩三【イングランド】)