最も進化したポジションはGKか

 バックパスルールが改定されて以降、フィールドプレーヤー的な能力も求められるようになってきたゴールキーパー。もちろん本業はセービングなど旧来から必要とされてきた仕事であるが、今ではビルドアップ能力など足下の技術も重要な要素となっている。その点においてマンチェスター・シティのエデルソンは、ペップ・グアルディオラ監督にとってノイアー以上に理想的なGKとすら言えるかもしれない。(文:西部謙司)

——————————

 GKほど進化したポジションもないだろう。

 進化という点ではSBが最もマルチ化したポジションかもしれない。かつては敵のウイングをマークすれば良かったのが、ウイングの消滅と同時にウイングそのもののプレーを求められるようになり、現在では中央でボランチやインサイドハーフの役割まで果たすようになった。

 とはいえ、SBの多機能化はフィールド内での役割の変化にすぎない。フィールドプレーヤーであることに変わりはないわけだ。

 ところがGKは今やフィールドプレーヤーでもある。2014年ブラジルワールドカップでは、ペナルティーエリアから飛び出してスライディングタックルするマヌエル・ノイアーに驚かされたものだが、もはやそれも過去の話だ。

 GKはビルドアップの中心となり、正確なフィードでカウンターアタックの起点にもなる。必要ならドリブルで敵を抜くことさえある。

 フィールドプレーヤー化したGKの最先端はブラジル代表、マンチェスター・シティのエデルソン・モラレスだろう。

 ブラジルのサンパウロ州オザスコ生まれの24歳、エデルソン・サンタナ・ジ・モラレスはサンパウロのユースで1シーズンプレーした後、ベンフィカ(ポルトガル)のユースへ移籍している。

 16歳からの2シーズンをベンフィカで過ごした後、2011年に2部リーグのリベイロンでプロデビューとなった。

 ブラジルの選手が十代でポルトガルのクラブへ移籍するのはいわば出世コースだ。早い段階でヨーロッパのサッカーや生活に慣れておいてプロデビューし、さらに活躍が認められればプレミアリーグなど他国のクラブに移籍する。

 言葉が同じポルトガルはブラジル人にとって移籍しやすく、ポルトガルリーグはヨーロッパのビッグクラブにとってブラジル人選手を品定めするためのショウケースになっているわけだ。

ペップにとってはノイアー以上に理想のGK

 エデルソンは2部のリベイロンからトップリーグのリオ・アベへ移籍、そこでの活躍が認められてベンフィカへ。当初はブラジル代表GKのジュリオ・セーザルがいたためにリザーブチームに回されたが、ジュリオ・セーザルの負傷で得たチャンスをつかんでレギュラーに定着。2017年の夏には3500万ポンドでマンチェスター・シティへ移籍した。

 この移籍金額はGKとしてはジャンルイジ・ブッフォンに次ぐ史上二番目の高額だった。

 エデルソンはシュートストップの能力が抜群なだけでなく、足下の技術がフィールドプレーヤー顔負けである。ペップ・グアルディオラ監督にとってノイアー以上の理想のGKといっていい。

 シティのビルドアップはゴールキックから始まる。現在は多くのチームが採り入れているが、CBがゴールラインとペナルティーエリアの縦ラインが交差する場所に開いて立ち、中央にはMFが1人立つ。GKはこの3人の誰かがゴールキックを蹴るところからビルドアップを始める。

 このゴールキックのショートスタートに対して相手がプレスをかけてくると、フリーのGKへボールが戻されることが多い。相手はさらにGKへもプレスしてくる、GKにはもちろんバックパスの逃げ場がない……20年前のGKならパニック必至の状況だが、現代のGKは平然と切り抜けられなければいけない。

24歳ながら、あまりに高い完成度

 昨季のシティにはGKにそれだけのクオリティが欠けていた。DFのほうも怪しく、ミスによるピンチや失点が目立っていた。ペップ流のスタイルにとって、この手のミスはコストではあるが許容範囲を超えていた。

 そもそも足下が基準を満たしていなかったイングランド代表GKジョー・ハートは早々に貸し出され、クラウディオ・ブラボとウィリー・カバジェロを起用したがミスはなくならなかった。

 エデルソンはその問題を一気に解決している。止める蹴るに関しては、チームメートのニコラス・オタメンディやジョン・ストーンズより上手いと思う。エデルソンは自陣ペナルティーエリア内で平気で“ロンド”をやる。

 シティの最深部からのビルドアップに対して、相手もハイプレスを仕掛けてくることもある。このときのGKの選択は主に2つ。

 すべてマンツーマンならば1対1になっているFWへのロングフィード。ディフェンスラインで敵が1人余る守り方ならば、シティのフィールドプレーヤーは誰か1人がフリーになるのでそこへのフィードだ。

 ほとんどは高い位置どりのSBのどちらかが空いているので、そこへ胸か頭をめがけて正確で速いボールを蹴る。エデルソンはそのときの判断とキックの精度も間違いがない。

 リバプール戦ではサディオ・マネに顔面を足裏で蹴られて8針縫うケガを負った。その試合はドクターストップで交代となったが、すぐに復帰して平然としていた。マネとの激突シーンは首の骨折や頭蓋骨損傷が起きてもおかしくないぐらいだったが、エデルソンは謝罪したマネにこう言っていたそうだ。

「落ち着いてくれ。ピッチでは起こりうることだから心配しないでいいよ」

 あまりにも完成度の高い24歳。セレソンではアリソン・ベッカー(ASローマ)と正GKの座を争っている。

(文:西部謙司)