マンチェスター・シティに所属する26歳のベルギー代表MFケビン・デ・ブルイネが、2024年6月までの7年間という長期契約を結ぶ見通しとなった。18日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。

 同紙によると、クラブ側がデ・ブルイネに対して契約延長を打診しており、両者は合意する寸前だという。現在の契約は2021年6月までだが、さらに3年間のびることになる。契約更新した場合、契約満了時には33歳になっているというわけだ。

 デ・ブルイネは2015年8月にヴォルフスブルクからシティに移籍。チームの主力選手に成長し、今季は公式戦24試合出場で7得点11アシスト記録している。英紙『メトロ』が公開しているデータによれば、プレミアリーグ第17節が終了した時点でケビン・デ・ブルイネは50回のチャンスを作り出しており、これはプレミア1位の記録だという。まさに“チャンスメーカー”だ。