マンチェスター・シティに所属する17歳のU-18イングランド代表MFフィル・フォデンが負傷により長期離脱する見通しとなった。22日に英メディア『BBC』が報じている。

 現地時間19日に行われたリーグ杯準々決勝でフォデンは先発出場を果たした。90分までプレーし後半終盤になってアヨトミワ・デルー・バシルと途中交代している。ただ、この試合中に足首の靭帯を負傷していたようだ。

 シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は「靭帯を痛めたから、彼はしばらく離脱することになるだろう」と語っている。同メディアによると、少なくとも1ヶ月は離脱することになるようだ。

 フォデンは今年10月に行われたU-17W杯にイングランド代表として参加。7試合に出場し3得点1アシストの活躍を見せた。チームの初優勝に貢献し、大会MVPにも選ばれている。