チームをロシアW杯出場に導いたアンジェ・ポステコグルー監督が辞任し、後任を探しているオーストラリア代表。ここにきて、2016年までマンチェスター・ユナイテッドを率いていたルイス・ファン・ハール氏が候補に浮上したようだ。23日にオーストラリア紙『ヘラルド・サン』が報じている。

 後任候補として、フランス1部のリールを率いるマルセロ・ビエルサ監督やシドニーFCのグラハム・アーノルド監督。オーストラリア代表のアシスタントコーチを務めていたアンテ・ミリチッチ氏など、様々な名前が浮上しながら未だに進展がないオーストラリア代表だが、ようやく指揮官が決まるかもしれない。

 同紙によると、オーストラリアサッカー連盟がファン・ハール氏に接触し交渉を試みたという。ファン・ハール氏は、これまでバルセロナやアヤックス、バイエルン・ミュンヘンやユナイテッド、オランダ代表などで指揮官を務めてきた。2014年W杯ではオランダ代表を3位に導き「オランダ至上最高の監督」とも呼ばれている。果たして、交渉は進展するのだろうか。