【サッスオーロ 1-0 インテル セリエA第18節】

 現地時間23日に行われたセリエA第18節でインテルはサッスオーロと敵地で対戦し、0-1で敗れた。長友佑都は出場しなかった。

 前節、今季初黒星を喫したインテルは、今節も長友がベンチスタート。左サイドには右サイドでレギュラーポジションをつかんでいるダンブロージオが入り、右サイドにカンセロが起用された。

 主導権を握るインテルだが、守備を固めるサッスオーロがスペースを与えてくれない。イカルディに決定機が訪れても、エースのシュートが枠を外れるなど、これまでのような戦いができなかった。

 先制点を決めたのはサッスオーロ。34分、右サイドからポリターノがクロスを入れるとファルチネッリがヘディングで合わせて1-0で折り返した。

 1点を追うインテルは、後半開始からブロゾビッチを下げてエデルを投入。反撃を試みる。すると48分、カンセロのクロスがDFの手に当たり、PKの絶好機がやってきた。しかし、この日はエースが不発。イカルディのPKはGKに止められ、追いつくことができない。

 その後もなかなかかみ合わないインテルは、75分にダンブロージオが負傷。するとスパレッティ監督は、長友ではなくダウベルトを投入して対処した。

 終盤はインテルが猛攻を仕掛けるも、チャンスをいかす決定力がなく、0-1で敗戦。手痛い連敗となった。

【得点者】
34分 1-0 ファルチネッリ(サッスオーロ)