【バルセロナ 3-0(4-1) チェルシー チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグ】

 現地時間14日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグの試合が行われ、バルセロナはホームにチェルシーを迎えて対戦。この試合でバルセロナに所属する30歳のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがキャリア最速のゴールを決めたと、14日に英紙『メトロ』が報じている。

 試合開始して3分、素早いパス回しからメッシが角度のないところからシュートを放ち先制点を決めた。同紙によると、2分6秒で決めた今回のゴールはメッシにとってキャリア最速の得点だという。

 そして、20分にはウスマン・デンベレの得点をアシスト。63分にはメッシ自ら仕掛けてチーム3点目を決めている。この結果、123試合目にしてCL通算100ゴールを達成し、バルセロナのベスト8進出に大きく貢献した。