バルセロナに所属するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタのインタビュー収録中に、グラウンドに設置された仮設スタンドが崩落して18人が軽傷を負うという事故が起こった。スペイン紙『エル・パイス』が伝えている。

 スペイン『メディアセット』の番組「チェスター」は、現地時間15日にイニエスタのインタビューを収録。インタビューはバルセロナのポブレ・セック地区にあるグラウンドで行われ、ピッチ上に設置された小規模な仮設スタンドから観客が見守ることになっていたようだ。

 だが、そのスタンドが崩落して18人の負傷者が出たとのこと。負傷者は病院へ運ばれて治療を受けたが、いずれも軽傷だと伝えられている。警察当局は事故について調査を開始しているとのことだ。

 今季限りでバルサを退団することを表明しているイニエスタについて、『エル・パイス』は「バルサを去って日本でプレーすることを決めた」と伝えている。J1のヴィッセル神戸への移籍が噂されているが、イニエスタ本人は他メディアのインタビューで「中国と日本」が二つの移籍先候補であると話している。