日本代表は現地時間8日、スイス代表と国際親善試合を行い、0-2で敗れた。ロシアワールドカップで日本と対戦するコロンビアでは、楽観ムードが高まっているようだ。

 『マルカ』コロンビア版は、スイス戦を落とした日本に触れ、「日本代表はロシアワールドカップ前の試合でまた敗れた」と報道。

 内容面についても酷評し、「日本の守備はあまりに組織を放棄した」。スイスの2得点はそれほど難しいものではなかったと指摘している。

 さらに、「日本の代表監督は、前の試合が初陣。チームは攻撃も守備も強さがない」とバッサリ。ワールドカップ初戦の相手に怖さを感じていない様子だ。