コウチーニョが先制弾もその後は沈黙

 ロシアワールドカップ・グループリーグE組第1節、優勝候補筆頭のブラジルはスイスと対戦して1-1の引き分け。エースのネイマールは不発に終わり、勝ち点3を得ることはできなかった。そして、今大会は強豪国の苦戦が目立つが、そこには共通する傾向があった。(文:海老沢純一)

——————————

 ブラジルワールドカップ4日目、ついに優勝候補最有力といわれるブラジル代表が登場した。チッチ監督の就任以降、盤石の強さを手に入れて前回大会と比べてもチームとして完成度を大きく上げてきた。

 対するスイスも組織力という点では随一の完成度を持つ。日本代表は大会前のテストマッチでその攻守における質の高さを痛感している。

 とはいえ、選手個々の能力に秀でるブラジルにとっては勝ち点3を奪わないとならない相手だった。ところが1-1の引き分け。ブラジルにとっては失敗、スイスにとっては成功という結果となった。

 今大会、優勝を争うと見られている強豪国は苦戦を強いられている。もちろん、決勝までを見据えるチームはグループリーグの初戦にコンディションを合わせることをしないため、序盤は力を発揮しにくい。それでも、強豪国が苦戦を強いられた試合には共通した特徴があった。

 ブラジルは、20分にコウチーニョが右足でカーブをかけたシュートをネットに突き刺して先制。驚異的な技術の高さを見せつけたゴールでペースを引き寄せたかに思われた。

 しかし、その後試合は停滞し、スイスは50分にスティーブン・ツバーがCKからヘディングで得点を決めて1-1。そのままブラジルの攻撃をしのいで勝ち点1を分け合った。

 この試合で特徴的だったのは、中盤の守備力。スイスは、前線からプレスを仕掛けると同時に守備的MFでコンビを組むヴァロン・ベーラミとグラニト・ジャカを中心に中盤でブラジルに圧力をかけてその攻撃力を封じた。

 ブラジルはこの試合で54.9%のボール支配率を記録しながらも、アタッキングサードでプレーした割合はわずか20%。543本のパスを出し、23回のドルブルを仕掛けながらもスイスの守備網を破ることはできなかった。

スイスの狙い。ボールロストを繰り返したネイマール

 特に際立っていたのが、ベーラミのプレーだった。右の守備的MFとして先発したベーラミは、70分間の出場で両チーム最多となる6回のタックルを決めるなど守備に奔走してスイスの中盤を引き締めた。その結果、左ウイングのネイマールは8回ものボールロストを繰り返してその力を発揮できず無得点に終わっている。

 インターセプトの数でもスイスは右SBのリヒトシュタイナーが3回、右CBのシェア、ベーラミ、右ウイングのシャキリがそれぞれ2回を記録した一方で、左SBのリカルド・ロドリゲス、左CBのアカンジは0回だった。さらにボールクリアの回数ではシェアが5回でトップとなっていた。

 これは、明確な狙いを持ってネイマール、コウチーニョ、マルセロが揃うブラジルの左サイドを潰しにかかっていたということ。その中で、ベーラミが請け負った中盤の守備は重要な役割を果たしていた。

 中盤が高い守備力を発揮して相手に自由を与えなければ、DFラインの選手はカバーリングやケアに集中できる。守備のタスクが分散されていれば、選手それぞれの負担は大きく減り、安定した戦いができる。

 仮に、中盤の選手が攻撃ばかりを考えてしまうと、すべてのタスクをDFラインの選手が請け負わなくてはならなくなり、大きな負担となって守備の決壊を招く可能性が高くなる。

 これはブラジルも同様で、チッチ監督の就任以降、守備力を大きく向上させたのはアンカーの役割を担うカゼミーロの存在が大きい。所属するレアル・マドリーがチャンピオンズリーグ3連覇を果たした要因でもある。

メッシも沈黙。共通する“格下チーム”の戦い方

 さらに、同じくアルゼンチンを相手に引き分けに持ち込んだアイスランド、前回王者ドイツを破ったメキシコ、番狂わせはならなかったもののフランスを追い詰めたオーストラリアでも同じ傾向が見られた。

 アイスランドはギルフィ・シグルズソンのタックル5回、インターセプト3回を中心に中盤の選手たちが守備のタスクを完璧に遂行してネイマールを完封。メキシコは中盤のエクトル・エレーラが7回ものタックルを記録し、オーストラリアも中盤のアーロン・ムーイが5回のタックル、2回のインターセプト、5回のボールクリアを記録して守備に貢献していた。

 モロッコを下したイランも中盤より前の選手が守備のスタッツで高い数値を記録している。

 一方で、開幕戦でロシアを相手に5失点喫したサウジアラビアは、アンカーのオタイフが低調なパフォーマンスに終わり、守備のタスクがDFラインに集中してしまったために大きく崩れている。

 前回のワールドカップからの4年間でサッカーのスタイルは大きく変化した。今大会は、その集大成となるワールドカップになるのかもしれない。

(文:海老沢純一)