【チュニジア 1-2 イングランド ロシアワールドカップ・グループリーグ G組第1節】
 
 ロシアワールドカップのグループリーグ初戦が現地時間18日に行われ、グループGのチュニジア代表とイングランド代表が対戦した。試合はイングランドが2-1で勝利した。

 試合開始からイングランドが優勢に試合を進めると10分、左CKからストーンズがフリーでヘディングシュート、GKが弾くもこぼれ球をケインが押し込み先制点を挙げる。その後も人とボールが連動するイングランドはチャンスを作りだすも追加点を挙げる事は出来ず。

 一方これまでチャンスを作れなかったチュニジアは34分にペナルティーエリア内でベン・ユセフが倒されPK、これをサシがゴール左隅に決め同点に追いつく。その後38分にはストーンズが、43分にはリンガードがそれぞれシュートチャンスをゴールポストに嫌われるなど勝ち越しゴールを挙げる事は出来ず同点のままハーフタイムへ。

 後半もイングランドがチュニジア陣内でボールを保持する時間が多くなるがなかなか崩すことが出来ない。中盤以降、攻撃的な選手を入れ替え流れを変えようと試みるもゴールは遠くこのまま終了かと思われた91分、右CKからマグワイアのヘディングがファーサイドにながれフリーのケインが押し込み勝ち越しゴールを挙げる。

 このまま試合は終了、イングランドが2-1で終了した。

【得点者】
11分 0-1 ケイン(イングランド)
35分 1-1 サシ(チュニジア)
90分+1分 1-2 ケイン(イングランド)