平均身長185cm超。巨人軍団の武器は堅守

 スウェーデン代表は、現地時間3日に行われたロシアワールドカップの決勝トーナメント1回戦でスイス代表に1-0で勝利し、24年ぶりのベスト8進出を果たした。ドイツ代表と同居したグループを突破してきた北欧の巨人たちは、大会屈指の守備力を武器に進軍を続ける。(文:舩木渉)

——–

 スイスは終始、スウェーデンの手のひらの上で転がされ続けた。現地時間3日に行われたロシアワールドカップの決勝トーナメント1回戦、欧州勢同士の対決を制したのはスウェーデンだった。

 今大会3試合目のクリーンシート。スウェーデンの持ち味は何と言っても堅守にある。スイス戦もボールポゼッション率は37%で、相手にボールを持たれる時間は長かった。ただ、彼らにとっては自分たちの想定通りに動いてくれるスイスの戦い方はありがたかったはずだ。

 そもそもスウェーデンにとってボールポゼッションは重要ではない。ワールドカップに入ってから50%を超えたのはグループリーグ初戦の韓国戦だけで、その後はドイツ戦で29%、メキシコ戦で35%、そしてスイス戦でも37%と、基本的には主導権を相手に渡しながら戦っていく。だが手綱だけは離さない。

 ズラタン・イブラヒモビッチという圧倒的な個がチームを去り、勝つために現実的な変化を迫られた。欧州のトップレベルと渡り合うには、個人能力で劣る。ならば組織力だ、と。ヤンネ・アンデション監督に鍛え上げられたチームは、予選で同グループに入ったオランダを蹴落とし、プレーオフでイタリアを封じ込めた末にワールドカップへの挑戦権を掴み取った。

 スイス戦でも、これまで地道に築き上げてきた戦い方にブレはなかった。スウェーデンの守備にはボールを失った後の即時奪回を目指すゲーゲンプレッシングのような考え方はなく、まず4-4-2のブロックを敷いて安全な位置まで撤退していく。

 そこから2トップを先頭にパスコースに規制をかけていき、相手をサイドへ誘導していく。4バックは基本的にペナルティエリアの幅を保ったまま最終ラインの上下動をコントロールし、中盤の4人をボールサイドに寄せながら相手を追い込んでいく。

 サイドからクロスを上げられても、スウェーデンにとっては何の問題もない。彼らはワールドカップ出場全32ヶ国中2番目に高い平均身長185.2cmを誇るチームで、身長180cmを切る選手は2人しかいない(それも178cmか179cmだ)。最終ラインには身長192cmのアンドレアス・グランクビストや同じく187cmのビクトル・リンデロフがそびえ立ちクロスやロングボールをことごとく跳ね返していく。

理想的な展開で生まれた新背番号10のゴール

 スイスは巨大な壁を前に打開策を見出せなかった。左サイドバックのリカルド・ロドリゲスが度々攻め上がって深い位置に侵入し、実に13本ものクロスを上げたが、1本もゴールに結びつかなかった。最前線には高さと裏に抜けるスピードを兼ね備えたヨシプ・ドルミッチを起用したものの、スウェーデンは中央をガッチリ固め、横からの揺さぶりにも動じなかった。

 お手本のような4-4-2の守備を披露するスウェーデンにとって、大きな課題の1つは得点力だろう。というのも今大会、グループリーグで挙げた5ゴールのうちPKが2本、オウンゴールが1つと、流れの中からのゴールがなかなか生まれていなかった。

 スイス戦でも攻撃の基本的な形は変わらない。ボールを奪う位置は必然的に低くなるため、そこからまず長身の2トップに向けて展開する。身長192cmのオラ・トイボネンと同184cmのマルクス・ベリは1986年生まれの同い年で、少年時代から15年近くコンビを組んできた。互いをよく知り、プレーも阿吽の呼吸。この2人を中心に攻撃をスタートさせる。

 そこに左サイドのエミル・フォルスベリや右サイドのヴィクトル・クラーソンが絡んでいき、一気にゴールへと向かっていく。スイス戦の得点シーンは、これまでに積み上げてきたものが1つの成果として昇華した理想的なものだった。

 相手守備ブロックが間延びしたことで生まれた右サイドのスペースに、センターバックのリンデロフがボールを持ったまま突進し一気に持ち上がる。アタッキングサード(ピッチを横に分割した相手側3分の1のエリア)に入ろうかというところで、右サイドMFとスイッチし、クラーソンは進行方向を変えて中へ。

 この時点で左サイドMFのフォルスベリが中央まで進出しており、クラーソンはフリーで前を向ける状況の背番号10に迷わずボールを預ける。そしてフォルスベリは左にターンして、左サイドに開いていたトイボネンに展開する。

 ペナルティエリアの角でボールを持った長身ストライカーは、自分のところにディフェンスを2人惹きつけると、中央にパスを戻す。それを受けたフォルスベリがシュートの予備動作となる1タッチ目で寄せてきたDFをひらりとかわし、右足を振り抜いた。

 最後は相手DFに当たってGKヤン・ゾマーの逆にシュートが飛んでゴールネットを揺らすことになったが、ゴールまでの一連の流れはスウェーデンにとって理想的なものだった。最終ラインからの恐れのない持ち上がり、トイボネンの利己的にならないポストプレー、イブラヒモビッチから背番号10を受け継いだフォルスベリへの信頼と彼の技術が詰まった先制点である。

60年ぶり決勝進出も現実的な目標?

 1点でも奪ってしまえば、スウェーデンにとってはセーフティリード。焦って攻めてくる相手の攻撃は屈強なDFたちがことごとく潰していく。フィニッシュに持ち込まれても、今大会屈指のシュートストッパとしてグループリーグで注目を集めたGKロビン・オルセンが弾き出す。

 イブラヒモビッチ去りし後、個人能力に頼ることができなくなり、組織力の熟成を地道に進めてきた成果がワールドカップのベスト8進出という結果になってあらわれた。1人の絶対的エースに頼らない戦い方が、逆にチームとしての総合力を底上げしたのである。

 次なる対戦相手はイングランドで、もしそこでも勝ってベスト4に進出すればロシア対クロアチアの勝者と激突することになる。

 スタイルの特性上、スウェーデンはダイナミックなサイドチェンジや個人の突破力で局面を打開しようとするチームを苦手とする。例えばブラジルやウルグアイのような、試合の流れに関係なくゴールを奪えてしまうような組織を超越した力を秘めたチームには、俊敏性に欠けるブロックの網を破られやすい。

 ここ2年でほとんど南米勢と対戦していないが、今年3月の親善試合ではチリに敗れ、ワールドカップ直前にはペルーと引き分けるなど、やはり苦しい試合を強いられた。ところが今大会の決勝トーナメントで、スウェーデンが入った山には南米勢がコロンビアしかおらず、そのコロンビアもイングランドとのPK戦の末に敗退してしまったのである。

 最近では下馬評の低かったポルトガルが堅守をベースにしたチームでEURO2016を制し、14年前のEURO2004でも守備に振り切れたギリシャが欧州王者に輝いたこともある。今大会4試合でドイツに喫した2失点のみという堅い守りを武器にするスウェーデンも、大きく崩れなければ60年ぶりの決勝進出も現実的な目標として見えてくるかもしれない。

(文:舩木渉)