【フランス 4-2 クロアチア ロシアワールドカップ決勝】

 現地時間15日にロシアワールドカップ決勝が行われ、クロアチア代表はフランス代表と対戦し2-4の敗戦を喫した。残念ながら初優勝を逃したクロアチアだが、国内は祝福ムードに包まれている。凱旋パレードを見るため、広場に約20万人のファンが集結したと、16日に米メディア『SBネーション』が報じた。

 クロアチアの総人口は約420万人。その5%に当たる約20万人が首都ザグレブの広場に集結した。同メディアによると、空港から広場まで、約30万人のファンが選手の凱旋パレードを見るため集まっていたようだ。掲載されている写真には、隙間なくファンが広場を埋め尽くしている様子も。

 準優勝は、クロアチアにとってワールドカップにおける最高成績だ。同メディアは「ヒーローを歓迎」、「クロアチア代表は決勝戦で敗れたが、クロアチア人は気にしなかった」と報じている。