ソン・フンミンら豪華攻撃陣を起用

 アジア競技大会の男子サッカー決勝は日韓戦となる。29日に行われた準決勝でU-23韓国代表がU-23ベトナム代表を3-1で下し、決勝進出を決めた。「兵役免除」というプレッシャーに晒される韓国をけん引するのは、やはりソン・フンミンという圧倒的なリーダーだった。ゴール数は少なくても、存在価値はあまりにも大きい。(取材・文:舩木渉【インドネシア】)

——————————

 試合が始まった直後から、これまでとは明らかに違う韓国代表だった。「兵役免除」には金メダルが必要という巨大なプレッシャーが、自信に変わりつつあるかもしれない。

 29日に行われたアジア競技大会の準決勝で、U-23韓国代表とU-23ベトナム代表が激突した。試合前からスタジアム周辺には両国のトレードマークである「赤」をまとったファンが多数集まり、観客動員は5698人を記録。ホームであるインドネシア代表の試合以外では異例の盛り上がりを見せた。

 ベトナムもグループリーグで日本を破り、1月のAFC U-23選手権では準優勝に輝くなど力のあるチームだが、この日は立ち上がりから韓国が主導権を握った。プレッシャーからか序盤に脆さを見せ、先制するまで落ち着かないことが多かったこれまでの韓国とは違う姿がそこにあった。

 先発メンバーにオーバーエイジ枠で招集した3人を全て起用。さらに今大会8ゴールで得点王間違いないのFWファン・ウィジョを頂点に、2列目には左からイ・スンウ、ソン・フンミン、ファン・ヒチャンとロシアワールドカップに出場したA代表の主力をずらりと並べる。

 アジア大会は原則的に「U-23」の大会なので、これだけ反則級の選手を揃えると「勝って当たり前」という風潮になってもおかしくない。それが選手たちにはプレッシャーとなり、ピッチ上では足かせになってしまうのである。

 だが、痛い目を見た経験は人を強くする。韓国はグループリーグ第2戦でマレーシアに敗れた。序盤にミスから失点し、立て直せないまま前半終了間際にも再び失点。後半は猛攻を仕掛けたものの、焦りから精度を欠いて追撃及ばず。この敗戦によってグループ2位突破になり、決勝までの道のりもより厳しくなった。

 決勝トーナメントに入ってからは1回戦で強敵イランを2-0で下すと、準々決勝では1月のAFC U-23選手権覇者にして同年代で圧倒的強さを誇るウズベキスタンと対戦。韓国は延長戦までもつれた激闘の末に、なんとか勝ちをもぎ取った。

輝きを放ったイ・スンウ

 このハードすぎる勝ち上がりが、選手たちにとっては自信に繋がり、試合に臨むにあたってのメンタリティも変わりつつある。そして準決勝ベトナム戦は、イ・スンウという新たなヒーローが先輩たちを救った。

 最初のゴールは7分。中央に進出したファン・ヒチャンがディフェンスを1人剥がして縦パスを送り、ペナルティエリア内でファン・ウィジョが反転しながら粘ると、イ・スンウが素早く反応してこぼれ球を回収して左足でシュート。韓国に貴重な先制点をもたらした。

 28分には絶好調のファン・ウィジョが同じような形から追加点を奪う。イ・ジンヒュンからの縦パスをベトナムの最終ラインと中盤の間にできたスペースで受けたソン・フンミンが、反転して浮き球のスルーパスをペナルティエリア内へ。最後は巧みな駆け引きで裏に抜け出したファン・ウィジョがGKの飛び出しを見極めて冷静に今大会9ゴール目を決めた。

 2点リードで優位に立った韓国は、後半の54分にも相手の緩慢な守備組織にできた穴を突いてゴールを陥れた。最終ラインの手前でパスをもらったイ・スンウがドリブルでゴールに向かって仕掛け、スルーパス。ボールをもらったファン・ヒチャンはディフェンスに阻まれたが、こぼれ球にイ・スンウが飛び込んで、2ゴール目。一気に3-0と突き放した。

 ベトナムは今大会、準々決勝までの5試合で無失点だったが、その堅守を韓国はいとも簡単に壊して見せた。前線の個人能力の高さと言ってしまえばそれで終わりかもしれないが、ベトナムの5バックと3人の中盤の間に空くスペースを見逃さず、3ゴールともそこを起点に中央突破で崩していった。

 決勝進出が絶望的な状況になったベトナムは、70分にトラン・ミン・ブオンの直接フリーキックで1点を返すが、韓国から最後まで主導権を奪えなかった。大量リードを手にした韓国は、ワールドカップも経験した3人のアタッカーや、GKチョ・ヒョヌらを中心に試合のペースを巧みにコントロールする。

 試合を通じてベトナムのカウンターからピンチを作られる場面もあったが、強者らしい横綱相撲で時間を進めていく。決勝でもエースとして期待がかかるファン・ウィジョは59分でお役御免。ソン・フンミンも疲労を考慮してか、72分に交代となった。キャプテンマークを巻いた韓国の大エースはベンチに下がる際、スタンドの声援に勝ちを確信したかのようなガッツポーズで応えた。

決勝は日韓戦。ソン・フンミンも気合十分

 終わってみれば3-1。日本を力強さで上回ったベトナムに、韓国は力の差を見せつけた格好となった。決勝は「兵役免除」をかけた大一番、来月1日の日韓戦となる。

 ソン・フンミンは試合後、「パフォーマンスは非常に良かった。選手たちは勝つために貪欲だったし、勝利に値するプレーだったと思う」と結果への手応えを語った。しかし「今大会のベストパフォーマンスだったか?」という質問には「そうは思わない。僕たちの課題は試合を追うごとに改善されてきている。決勝では僕たちの100%、いや…100%以上の、今日よりも良いパフォーマンスを見せられるだろう」と答え、さらなるパワーアップを宣言した。

 韓国のキム・ハクボム監督も、チームをけん引するキャプテンへの信頼を強調する。記者会見では今大会1ゴールのみの背番号7について「ソン・フンミンはゴールが重要な選手ではない。確かに彼にとって左右のウィングがベストポジションかもしれないが、このチームでは中盤の役割を担ってもらっている。それでも彼は問題なくプレーできる。チームの精神的支柱であり、ポジションは大きな意味を持たない」と述べて決勝での活躍にも期待を寄せた。

 誰よりもハードワークし、カウンターを食らえば全力ダッシュで誰よりも早く自陣に戻って守備をするソン・フンミンの姿を見て、「自分もやらなければ」と思わない選手はいないだろう。「僕が下がることで味方にスペースができる。僕以外にもゴールを決められる選手はたくさんいる」と語るキャプテンの自己犠牲によってチーム全体の力が底上げされている。

 2ゴールで韓国を勝利に導いたイ・スンウも「全員が90分間最善を尽くし、最後まで諦めずに走った。選手同士の信頼があってたくさんのゴールが決まる。今日もそうだった」と、あくまでチーム全体の献身の末に自らのパフォーマンスがあることを説いていた。

 金メダル獲得によって「兵役免除」を受けられるか否か、つまり今後の人生を左右する分かれ道に韓国の選手たちはたどり着いた。プレッシャーの大きさは想像もつかないが、今大会でのチームの成長ぶりを見れば、決勝ではその重圧を感じさせないパフォーマンスで日本に襲いかかるだろう。

 ソン・フンミンの自己犠牲とカリスマ的リーダーシップに触発され、試合後に立ち上がれなくなるまで走りきる韓国。勝利に対してこれほどまでに貪欲な集団は、ここぞの大一番で最大のパワーを発揮するに違いない。

(取材・文:舩木渉【インドネシア】)