イタリア2部・セリエBのコゼンツァは、第2節エラス・ヴェローナ戦を戦わずして敗戦扱いになることが決定した。イタリアスポーツ裁判所の決定を『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えている。

 コゼンツァ対ヴェローナは今月1日に行われる予定だったが、ひどいピッチコンディションということで開催を見送っていた。

 その後、後日開催の可能性もあったが、リーグ側はコゼンツァが必要だった整備を怠ったと判断。0-3でコゼンツァが敗戦という扱いになることを決定している。さらに、コゼンツァには3000ユーロ(約39万円)の罰金も科された。

 コゼンツァの次のホームゲームは今月22日。それまでにスタジアムの準備は整うだろうか。