UEFAは現地時間27日、ユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドに1試合の出場停止処分を科すことを発表した。

 C・ロナウドは今月19日、チャンピオンズリーグ(CL)のバレンシア戦で退場となった。CLでは自身初の退場。それも不運なジャッジによるもので、判定に疑問が残っていた。

 それでもビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)未導入のCLで判定は覆らず。UEFA規律委員会は27日に処分を決定し、1試合の出場停止としている。

 C・ロナウドの出場停止は1〜3試合と予想されていたが、1試合のみの処分となった。これにより、次節のヤング・ボーイズ戦は出場できないが、古巣マンチェスター・ユナイテッドとの2連戦には出場することができる。