【日本 4-3 ウルグアイ キリンチャレンジカップ2018】

 日本代表は16日、キリンチャレンジカップ2018でウルグアイ代表と対戦し、4-3で勝利を収めた。

 この試合で2ゴールを奪うなど、輝かしい活躍を見せ勝利の立役者となった南野拓実は「前回の代表帰りから自分のコンディションが上がってきてるなって感じてたので、今回もその勢いをこの試合にね、持っていければいいなと思ってました。それを継続出来てよかったです」とウルグアイ代表とのゲームを振り返っている。

 先制点は、中島翔哉からのパスを見事にコントロールし、相手DFを振り切って生まれたものだった。背番号9はゴールシーンについて「相手の動きっていうよりは味方の特徴っていう方が大きいと思う。翔哉はあそこで右足にボールを持ち替えた時に、まあどこでも蹴れるんで、僕はあそこのスペースを狙ってました」とコメントしている。

 この日も南野ら2列目の選手は躍動した。同選手は2ゴールを奪い、堂安律は待望の代表初ゴールをマーク。中島は得点こそ奪うことはできなかったが、何度もシュートを放つなど攻撃面でその存在感を光らせた。そういった2列目の選手の存在を引き立てたのが、最前線で身体を張った大迫勇也である。

「やっぱサコ君は今日も存在感があったし、ボールを収めるプレーとか、やっぱりワールドカップ戦ってるメンバーっていうのは逞しいなというふうに感じた」と南野は背番号15を大絶賛している。しかし、「だから僕ら前の3人はそういう選手たちを脅かす存在になっていかないといけないと思います」とも話した。

 森保一監督の下、3試合で4ゴールと申し分ない活躍をみせている南野。ただ本人は「全然、まだまだこれからですね」と話す。11月のベネズエラ代表とキルギス代表戦、そして来年のアジアカップでの活躍にも期待が懸かる。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)