ヘタフェを率いるホセ・ボルダラス監督が、MF柴崎岳の起用について語った。スペイン『マルカ』が、試合後の指揮官のコメントを伝えている。

 柴崎は今季、出場機会を得られず苦しんでいる。それでも現地時間15日のレアル・ソシエダ戦では先発出場し、1-0の勝利に貢献した。

 柴崎がリーグ戦で先発起用されるのは8月19日の開幕戦以来。第4節セビージャ戦に途中出場したあとは、ベンチ入りとベンチ外を繰り返していた。

 そんな状況からの先発起用は、現地メディアにとってもサプライズだった。

 この決定について指揮官は、「とてもよく練習していて、彼はすごく良くなった。戦術的な決定だ」とコメント。「彼は長い間外れていた。その選手がチームに貢献してくれた。とてもうれしいことだよ」と、柴崎のプレーを喜んでいる。

 ヘタフェはこの日の勝利で暫定5位。勝利に貢献した柴崎は、これから出番を増やしていけるだろうか。