川崎フロンターレに所属する21歳のU-22日本代表MF板倉滉が、マンチェスター・シティと契約を結んだ後、オランダ1部のフローニンゲンへ移籍することになった。

 フローニンゲンが14日、公式ツイッターを通じて「明日、21歳の日本の守備的MFがオランダにやってくる。彼はマンチェスター・シティから来る予定だ」と、つぶやいている。公式サイトでも「合意に達した。明日(15日)にオランダへ渡り、移籍を確定する」と伝えている。2020年まで、マンチェスター・シティからのレンタル移籍でフローニンゲンに加入することになる。なお、フローニンゲンには日本代表の堂安律も所属している。

 板倉は川崎Fの下部組織で育ち、2015年にトップチームへ昇格。昨季はベガルタ仙台へ期限付き移籍し、リーグ戦24試合に出場して3得点決めていた。各世代別の日本代表として、AFCU-23選手権やアジア競技大会にも出場しており、2020年東京五輪の主力候補として期待されている。