唐突な2試合連続のベンチ外

 フォルトゥナ・デュッセルドルフのFW宇佐美貴史は、不穏なサイクルに陥っている。かつては日本屈指の潜在能力を持つアタッカーだったが、現在はブロックを構築してのカウンター時の起用に限られている。現状には本人も悔しさともどかしさを募らせているが、打開策はあるのだろうか。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

———-

 突然、2戦連続でベンチ外になった。2月17日、気まぐれな春の陽気に包まれたバイ・アレナ――。ブンデスリーガ第22節、対バイヤー・レバークーゼン戦。フォルトゥナ・デュッセルドルフのベンチ入りメンバーの中に、宇佐美貴史の名前はなかった。

 背番号33は、10日に行われた前節シュトゥットガルト戦に続いて2戦連続でベンチ外。たしかに2試合前のホッフェンハイム戦でも、ベンチに入りながら出番はなかった。

 だが、その間6日に行われたシャルケとのDFBポカール3回戦では先発出場している。さらに遡れば、昨年の11月に入ってからコンスタントにスタメンの座に就いてきた。それだけに、ここ2戦連続で宇佐美がベンチ外となったことからは唐突な印象を受けた。

 負傷離脱の公式発表はない。デュッセルドルフは冬の移籍市場で、サンプドリアからダビド・コフナツキをレンタルで獲得した。このポーランド代表FWの加入によって、宇佐美はメンバーから外されてしまったのだろうか。

 しかし、ベンチを温めていた選手が新加入選手によって弾き出されてしまうのならともかく、先発に名を連ねていた選手が新参者の到来によって途端にメンバー外となるのは、流れとして不自然だ。一段階飛ばしたような格好である。

 もっとも、DFBポカールのシャルケ戦の後で、宇佐美は“課題”について語っていた。

「早々に失点してしまったり、今日みたいな展開の後半、昨年12月のブレーメン戦もそうですし、押し返していかないといけないっていう時に、僕自身代えられてしまうことが多いから、そこのやっぱり、うん…悔しさはありますね、だいぶ」

さあ点を取りにいくぞ、という状況での交代

 そのシャルケ戦でデュッセルドルフは、前半の30分に先制を許すと、後半が始まってから48分、53分と立て続けに2失点。左サイドで先発した宇佐美は56分にドディ・ルケバキオと交代になった。同時にマルヴィン・ドゥクシュに代わってコフナツキが投入されている。

 負けたら即終了のカップ戦。これから「押し返していかないといけない時に」、つまり勝ちにいかないといけない時に、2人のアタッカーが投入され、宇佐美は交代となった。

 また、宇佐美が言及する「昨年12月のブレーメン戦」で、デュッセルドルフは前半の20分に失点。43分にルケバキオのゴールで追いついて、「後半」の開始から、宇佐美はロウベン・ヘニングスに代わってベンチに下がっている。ここでも、さあ点を取りにいくぞ、という状況での交代である。

 もちろんフリートヘルム・フンケル監督の交代策について、宇佐美は「不満を言うつもりはないし、文句を言うつもりもない」と強調。チームのために戦う1人の選手として、指揮官の決定に不平はない。ただ、“悔しさ”が募る。

「点を取られたり、セットプレーから失点して、相手が間延びしてくる時間帯がだいたい60分以降から始まると思うんですけど、その前に代えられるっていうのは…うーん…個人的なプレーのフィーリングとかも悪くないですし、そこから、60分以降から見えてくる景色っていうのもありますし、そこで代えられてしまっているっていうのが現状で、フレッシュな選手が結果を出してしまうっていうのもありますけど、個人的な欲としてはもっと出ていたいっていうのもあるし、まずはチームのためにしっかり踏ん張るところを意識してやっている中で、何かどこかが崩れて、新しい選手を入れてっていう交代が僕個人としては一番悔しいです」

指揮官への不満ではなく、自らへの歯がゆさ

 繰り返すが、宇佐美はフンケル監督の交代策に「不満」を抱いているわけではない。アタッカーでありながら、ゴールが必要な状況で交代させられてしまう自分に、“歯がゆさ”を感じているのだ。

「そこで例えば、自分の不用意なロストから失点して、その失点が火種となって交代させられるのなら、『自分のミスがあったからか』っていうのが分かりますけど、後半が始まって10分で2失点して0-3、何かテコ入れしないとって中で、そこで(交代要員として)チョイスされるっていうのは…すごく悔しいですし、不甲斐ないですし、そういう時は不完全燃焼で終わっていることが多いですね」

 こういった交代の場合、後でフンケル監督から宇佐美に対して「フレッシュな選手を入れたかった」といった説明があるのだという。

「そういうフレッシュな選手が、例えばアウクスブルク戦で、僕と代わった選手が点を取って、チームが勝って…っていう感じなので、そこに関しては僕自身も不満を言うつもりは全くないです。ただ、個人的な悔しさっていうのは募っていくし、じゃあそこで代えられないためにはどうしたらいいんだろう、っていうところでこう…いろいろと難しく考える感じにはなっていきますね。代えられないために、どうやって攻撃で印象を強く残すのか…」

 1月19日に行われたアウクスブルク戦では、1-1の状況で宇佐美は68分に交代。代わったベニト・ラマンが89分に決勝点を挙げた。指揮官の交代策は的中。残留を目指すデュッセルドルフは、アウェイで貴重な勝ち点3を手に入れた。その結果に対して、個人的な「不満」などあるはずもない。

 だが、チームの勝利に直接貢献できなかった自分に対しては、“不甲斐なさ”を感じてしまう。「色々と難しく」考えてしまう。どうすればいいのか、チームが追い上げる状況で交代させられないためには――。

宇佐美の“守備”が交代の原因ではない

「攻撃で印象を残すといっても、ボールを保持されている状態では難しい部分もありますし…後ろに比重がある状態で1失点食らって、その時点でならこっちも点が入るかもしれないので、そのディフェンシブな状態を続けようと。もちろんウチの戦い方っていうのもありますけど、それから2失点目、3失点目がポンポンと入った時に…うん、代えられる。

じゃあ代えられないようにするにはどうしたらいいか、ってなると…そうですね、仕掛ける、攻撃で印象を残すっていうのが第一だと思いますけど、攻撃で印象を残すっていうほどボールを持てていないですし、そんないい形でボールが入ってきてっていうのも…多くないから…そこが一番難しいところだと思います」

 ここで重要なことは、決して宇佐美の“守備”が原因で交代となっているわけではない、ということである。例えばCL出場クラスの相手に、フンケル監督がブロックを構築してカウンターを狙うサッカーを選択する場合、前半に失点を重ねたとしても、後半が始まってすぐに代えられるようなことはない。

 圧倒的に回されながら、バイエルン戦では70分間プレーした。ドルトムント戦では、同様に守備的なサッカーでチームとしてリードを許さず、宇佐美は87分間出場し、勝利に貢献している。

「僕のサイドから、個人的なところでちぎられて、裏を取られて失点したシーンは今のところはないですし、アウクスブルク戦でファウルしてフリーキックから失点、っていうのはありますけど、その辺の守り方っていうのはもう大分、板にはついてきていますし。

ただ、ほとんど守る時間の長いサッカーの中で、どうやってオフェンシブな選手として価値を見出していくのかっていうところですよね。そこがやっぱり、そうですね…難しいですよね。やっぱり。

バイエルン戦やドルトムント戦といった、ボールをほとんど持たれる時に、しっかりサイドバックのところをケアしながら守備でしっかりやる、粘り続けて、失点なしでウチの得点が途中で入って…っていう時には、ずっと代えられずに出続けることができるんですけど…」

「テコ入れの対象にはなりたくないし、なってはいけない」

 カウンター型のサッカーの中で、ブロックを構築した上での守備は、フンケル監督の期待に応えることはできている。だが、敵にリードを許し、追い上げるためにカウンター型から切り替えて点を取りに行く・・・といった場合、宇佐美の攻撃力は、指揮官の目には物足りなく映っているようだ。

「例えば0-3になったら、こっちは行くしかない。ちょくちょくチャンスも出来てくるんですけど、もうその時僕はベンチにいる、っていう状況が、僕はすごくもどかしいし、すごく歯がゆいんです。1-1、0-0で粘れている時は出れてるっていうことは、しっかりバランスを崩さず守備をしている、っていうところを評価されているんだと思います。

今日のシャルケ戦のような試合展開で代えられる状況を、個人的には打破していきたいんですけど、うーん…0-3っていう状況の中で、何かを変えないといけない交代っていうのは、監督の考えることとしては僕自身理解できるし、監督の意思はもちろん尊重したいです。けど、このままでいいとは個人的には思えないじゃないですか。やっぱり、打破していかないといけない。

1点返してチームがちょっと押せ押せになってきた時が、やっと攻撃的なシーンが増えてくる状況やと思うんですよ。3点取られて、もう潔く出よう、前に出ようっていう時に、相手も3点取っているからちょっと気の緩みのようなものが生まれて、中盤で緩いミスが生まれて、そこから今日も何回かサイドに流れて、サイドの選手が持っていくシーンがあったと思うんですけど、そこでやっと守備的に戦っても個人として勝負できる状況が、少しずつ生まれると思うんですよね。その時に、テコ入れの対象にはなりたくないし、なってはいけないと、個人的には思うんです」

サイドバックや周囲の選手との連係を高められるか

 デュッセルドルフは、シュトゥットガルト戦、レバークーゼン戦の2試合で、ブロックを構築してカウンターを狙うサッカーを選択しなかった。シュトゥットガルトに対しては主導権を握りにいき、ボール奪取後に縦に素早く攻めるサッカーを展開。レバークーゼンに対しても、決して引いて守りを固めようとはしなかった。

 フンケル監督の中で宇佐美は、ブロックを構築するカウンター戦術での起用を考えられているのは間違いない。だが、あくまで現時点では、点を取りにいくサッカーの中での起用はあまり考えられていないようである。

 よって現状を打破するため、宇佐美は「攻撃で印象を残す」ことを考えているわけだが、個人の力で局面を打開しようとするよりは、サイドバックや周囲の選手との連係でペナルティエリアの中に入り、決定的な仕事をすることを狙ったほうが良いのかもしれない。

 個の力という点では、ルケバキオやラマンと比べると、どうしても分が悪くなってしまう。もちろん宇佐美はディフェンシブに戦う試合での起用が多いので、その中でサイドバックも攻撃参加して崩していくのは簡単ではないが、試合の中で少ないながらも好機を見出し、コツコツとチャンスをモノにしていきたいところである。

 劣勢の中でも代えられず、攻撃力を必要とされる――。“課題”を克服することは一筋縄ではいかないかもしれない。だが、この壁を乗り越えた時、宇佐美の目には次の「景色」が見えているはずだ。

(取材・文:本田千尋【ドイツ】)