日本サッカー協会(JFA)は14日、3月22日にから開催されるAFC U-23選手権タイ2020予選に臨むU-22日本代表メンバー23名を発表した。

 元バルセロナのカンテラに在籍していたFC東京のMF久保建英が選出された。さらに、マンチェスター・シティが保有するフローニンゲンのDF板倉滉や同じくオランダのズヴォレに移籍したMF中山雄太も順当に選出された。

 森保一監督は代表発表会見で「U-23アジア選手権においても、2020年の東京五輪に向けて2020年の1月に、U-23アジア選手権の本大会があります。その大会の出場権を勝ち取り、東京五輪に向けて良い準備ができるように、チーム力を上げてこれればと思います」と話した。

 U-22日本代表はU-23選手権タイ2020でグループIに入り、22日にミャンマー代表、24日に東ティモール代表、26日にマカオ代表と対戦する予定になっている。

以下がU-22日本代表メンバー

▽GK
1. 小島亨介(大分トリニータ)
12. オビ・パウエルオビンナ(流通経済大)
23. 波多野豪(FC東京)
▽DF
4. 板倉滉(フローニンゲン)
21. 町田浩樹(鹿島アントラーズ)
19. 大南拓磨(ジュビロ磐田)
22. 立田悠悟(清水エスパルス)
14. 原輝綺(サガン鳥栖)
20. 橋岡大樹(浦和レッズ)
▽MF
3. 中山雄太(ズヴォレ)
10. 三好康児(横浜F・マリノス)
6. 長沼洋一(愛媛FC)
8. 伊藤達哉(ハンブルガーSV)
2. 藤谷壮(ヴィッセル神戸)
11. 遠藤渓太(横浜F・マリノス)
13. 岩崎悠人(北海道コンサドーレ札幌)
17. 松本泰志(サンフレッチェ広島)
5. 杉岡大暉(湘南ベルマーレ)
16. 齊藤未月(湘南ベルマーレ)
15. 久保建英(FC東京)
▽FW
7. 前田大然(松本山雅FC)
9. 上田綺世(法政大)
18. 田川亨介(FC東京)