コロンビアにとって「リベンジ」なのか

 日本対コロンビアは本当に因縁の対決なのだろうか。確かにロシアワールドカップでは日本が勝った。9ヶ月ぶりの再戦は、横浜での親善試合。来日したコロンビア代表を観察し、取材に訪れた番記者たちにも22日の一戦に向けた本音を聞いてみた。(取材・文:舩木渉)

——–

 ロシアワールドカップで驚きをもたらした対戦カードが、9ヶ月ぶりに実現する。日本代表がグループリーグ初戦で金星を収めた相手、コロンビア代表が来日した。

 親善試合ではあるが、日本国内では22日の再戦が“因縁マッチ”になるという見方が強い。コロンビア代表もカルロス・ケイロス新監督を迎えての初陣に本気のメンバーを揃えて来日している。ハメス・ロドリゲスやファルカオ・ガルシアといったスーパースターも満を持して横浜の地に降り立った。

 とはいえ、あくまで親善試合に変わりはない。だからこそ、果たして彼らは「リベンジ」のつもりで日本へやってきたのだろうか…という疑念を抱いているのも一方では事実だ。それを確かめるため、20日のコロンビア代表の練習に足を運んだ。

 結論を述べれば、歓迎はされなかった。練習前にはコロンビアメディア向けにMFウィルマール・バリオスとFWドゥバン・サパタがインタビューに応じたものの、日本メディアは彼の国のメディアが控える部屋に近づくことも許されず、当然取材に応じることもなかった。

 予定より遅れて到着したバスから一番に降りてきたスタッフは、険しい顔で「ここにいないでくれ」と練習会場入りを待っていた日本メディアを遠ざける。ピッチでは練習前に大きな双眼鏡を持った別のスタッフが会場の周囲を入念に確認し、非公開練習を覗き見ようとする“スパイ”がいないか、壁などの隙間から覗かれる心配がないか入念にチェックしていた。

 このようにスタッフがピリピリしたムードを漂わせる一方(用具係のおじさんだけが陽気に接してくれた)、当の選手たちはいたってリラックスした様子だった。練習前には笑顔でボール回しに興じ、ハメスやファルカオも談笑していた。

 DFジェリー・ミナはダッシュとダッシュの合間にメディアが陣取るスタンドを見回し、コーチの笛に一瞬反応が遅れる、やや集中力散漫な姿も垣間見られるほど。結局、冒頭15分間のみが公開されたのちに我々メディアは日本人もコロンビア人も会場外に締め出されたが、選手たちとスタッフの間に若干の温度差が感じられた。

 では、コロンビアメディアは今回の日本戦をどのように捉えているのだろうか。『カラコル・ラジオ』のフリアン・カペラ記者は「リベンジだ。本当に難しい試合になる。なぜなら日本は知的でフィジカル的にも優れているから。だけど、11対11なら前回と違ったストーリーが生まれるはずだ」と息巻く。

ケイロス新監督を迎えての初陣

 ところが「リベンジ」を口にしたのは彼だけで、他の記者たちはあくまで親善試合に過ぎず、カルロス・ケイロス新監督の采配を見極めるための1試合でしかないと見ている。『FOXスポーツ・コロンビア』でレポーターを務めるダニエル・アングーロ氏は「コロンビアにとって非常に重要な試合」と述べながら、それがあくまで「新監督とともに臨む初めての試合だから」とロシアワールドカップからは切り離された一戦であることを強調した。そして次のように続ける。

「選手にとっても監督にとっても、お互いを知るために、そしてどんなサッカーをするか表現するために大事な機会になる。だが、それ以上のことはない。日本がコロンビアに勝った、あのワールドカップのような公式戦ではない。まずはコパ・アメリカに向けて戦うこと、この重要な試合はそうあるべきだと思っている」

 コロンビア国民の関心も、7年間続いた名将ホセ・ペケルマン監督の時代が終わり、ケイロス監督と歩む次の4年間に向けての1歩目がどんなものになるかが日本戦で見極めるべき最優先事項だと考えているようだ。アングーロ氏は力説する。

「これはあくまで親善試合にすぎない。日本はワールドカップ出場に値するレベルのチームで、彼らもコパ・アメリカのために準備しているので、いい試合をしたいはずだ。だからこそコロンビアと日本は互角の戦いをすると思っている。コロンビアの人々も新監督の下で選手たちがどんなプレーをするか気にしているし、それこそが我々にとって重要なんだ。7年間続いていたホセ・ペケルマンの時代が終わり、今は大きな悲しみを感じている。それを払拭するためにも、ケイロス監督がどんなサッカーをするか見守るつもりだ」

 コロンビアのウェブサイト『サッケ・デ・メタ』のディレクターとして来日したミゲル・ボウティスタ氏も「ワールドカップでは負けたから、日本代表はコロンビア代表にとって重要な存在」と認めつつ、「ワールドカップの試合はグループリーグでのものだったよね。準々決勝や準決勝ではない。だから僕はリベンジだとは思わない。あの試合以外は良かった。今回の日本戦も互角の戦いになると思っている」と、ロシアでの敗戦が22日の日本戦を“リベンジ”と位置づけるには不十分という見解を示した。

ハメスとファルカオが招集された意味

 選手もメディアと概ね同じ考えのようだ。先述のバリオスはロシアワールドカップの日本戦にも途中出場したが、「ワールドカップの試合に関係なく、代表戦は全て重要。ピッチに出て、コーチングスタッフが持っているアイディアを示す、新たな機会だと思っている」とコロンビアメディアに語り、ケイロス監督の下での初陣であることを強調するにとどまった。

 国民やメディアから期待を集めるケイロス監督は、今年1月のアジアカップまでイラン代表を率いており、コロンビア代表では未知数な部分も多い。アングーロ氏は「メディアは守備的な監督と見ている」と話し、他の記者たちも過去の経験値の高さを称賛していた。

 そのうえでアングーロ氏は「過去に率いてきた代表チームでは素晴らしい仕事をしてきた。ポルトガル代表では素晴らしい組織を作っていた。とはいえコロンビアにはファルカオやハメス、他にも今は怪我をしているけれどファン・フェルナンド・キンテロのような強力な個の能力を持つ選手たちがいる。かなりの数のタレントが揃っている中から選手を選べるんだ。いいチームを作ってくれるのではないかと思っている」と現時点での見立てを語っている。

 ケイロス監督はこれまで、名古屋グランパスやレアル・マドリーを率いただけでなく、母国ポルトガル代表を2度、他にもUAE代表や南アフリカ代表なども指導してきた。マンチェスター・ユナイテッドでサー・アレックス・ファーガソン監督の副官を務めたことでも有名だ。

 カペラ記者は「ケイロス監督は最初の招集でハメスとファルカオを選んだ。これは英断だったと思う」と分析した。理由はシンプルで、「ハメスとファルカオはコロンビアにとって最も重要な選手だから」。新指揮官は彼らが今後もコロンビア代表の軸になっていくという方針を示し、国内でも支持を得ているようだ。

 これには「素晴らしい決断だ。ハメスはまだ28歳で、もう1回はワールドカップに出られる。彼はコロンビア最高の選手で、そのうち代表の最多得点者にもなるだろう。ファルカオはもう33歳だが、キャプテンとしてまだまだ多くのものをコロンビア代表にもたらせる。新しいチームを作っていくうえで彼を残しているのは最高の決断だと思う」とアングーロ氏も同意する。

 ボウティスタ氏も「ハメスはこれからも多くの試合でプレーするだろうし、より重要な存在になっていくはずだ。そしてもっと成長して、ファルカオの後を継ぐキャプテンになると思う。ハメスの存在はコロンビアにとって重要だ」と、10番を背負うスーパースターへの信頼を強調していた。

コロンビアの戦い方は?

 そのハメスは19日の練習を時差ぼけの影響で回避したことが伝えられているものの、20日はスパイクを履いてピッチに出てきていたため、他の選手たちと同様のメニューをこなしたと見られる。「日本戦の出場は問題ない」と先述の3者は口を揃えた。

 コロンビア代表はロシアワールドカップの後、昨年9月から10月にかけてアルトゥーロ・レイェス暫定監督に率いられて4試合を戦い、3勝1分。引き分けたのはアルゼンチンだけで、ベネズエラ、アメリカ、コスタリカからはいずれも複数得点を奪って勝利している。

 特に10月のアメリカ戦とコスタリカ戦は4-4-2を基本フォーメーションに、ボール保持時はハメスがサイドから中央に入って自由に動き回り、両サイドバックの積極的な攻撃参加も活用しながらゴールを重ねた。ケイロス監督がこの戦術にどう変化を加え、どのような独自色を打ち出していくかにも注目だ。

 ロシアワールドカップを終えて半年が経ち、ケイロス新監督はハメスやファルカオら一部を残しながら、カルロス・バッカやクリスティアン・サパタ、ファリド・ディアス、アベル・アギラールら30代のタレントを招集せず、国内組も含めた比較的若い選手にチャンスを与える方向へ舵を切った。
 
「タフなゲームになる。両者は互角だろう。でも、コロンビアが有利だ。ワールドカップはもう関係ない。コロンビアには優れた選手が揃っていて、彼らは日本を上回っている。コレクティブな試合になるだろうから、局面の個の力はあまり関係ないかもしれないが、チームとして戦ったらコロンビアが上だと思う。だからコロンビアが勝つと予想するよ」(アングーロ氏)

 コロンビアメディアの面々は、母国代表の新たな船出を迎えるにあたり、日本代表との再戦に大きな期待を寄せている。6月に控えるコパ・アメリカに向けた準備における貴重な実戦の場として。そして自分たちの実力と現在地を測る機会として。決して単なる“リベンジ”ではないが、貪欲に勝利を目指す、本気のぶつかり合いになりそうだ。

(取材・文:舩木渉)