ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、FWクリスティアーノ・ロナウドの残留を強調した。19日の会見の様子を『トゥットスポルト』などが伝えている。

 チャンピオンズリーグ準々決勝でアヤックスに敗れたユベントス。この結果にショックを受けているC・ロナウドは、今季終了後にチームを離れるのではないかと噂になっているところだ。

 この話題についてアッレグリ監督は、「ロナウドはユベントスの未来だ。彼は今、素晴らしいシーズンを過ごしていて、来季もそうすることになる」と、残留を宣言した。

 同選手の落胆については、「みんな同じだ。チャンピオンズリーグ制覇は我々の目標であり、その大会から敗退したのだからね」とコメント。「サッカーは喜びも悲しみももたらすものだ」と語っている。

 ユベントスは現地時間20日にフィオレンティーナと対戦する。このゲームでセリエA8連覇という喜びを手にすることはできるだろうか。