日本サッカー協会(JFA)は24日、来月14日にブラジルで開幕するコパ・アメリカ2019(南米選手権)に挑む日本代表メンバーを発表した。

 23日に発表されたキリンチャレンジカップ2019に挑むメンバーにも選出された久保建英や大迫敬介といった選手は今回も名を連ねている。また、初招集となったのは13名となっている。

 日本代表はコパ・アメリカのグループリーグでチリ代表、エクアドル代表、ウルグアイ代表と対戦することが決まっている。森保一監督が選んだメンバーは以下の通り。

▽GK
小島亨介(大分トリニータ)
大迫敬介(サンフレッチェ広島)
川島永嗣(ストラスブール/フランス)

▽DF
植田直通(セルクル・ブルージュ/ベルギー)
板倉滉(フローニンヘン/オランダ)
岩田智輝(大分トリニータ)
立田悠悟(清水エスパルス)
原輝綺(サガン鳥栖)
杉岡大暉(湘南ベルマーレ)
菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)
冨安健洋(シント=トロイデン)

▽MF
柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
中山雄太(ズヴォレ/オランダ)
三好康児(横浜F・マリノス)
伊藤達哉(ハンブルガーSV/ドイツ)
中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)
松本泰志(サンフレッチェ広島)
渡辺皓太(東京ヴェルディ)
安部裕葵(鹿島アントラーズ)
久保建英(FC東京)

▽FW
岡崎慎司(レスター/イングランド)
前田大然(松本山雅FC)
上田綺世(法政大)