ミランに所属するGKジャンルイジ・ドンナルンマは新天地を求める事になるのだろうか

 15日付けの伊『フットボールイタリア』など複数のメディアは、パリ・サンジェルマン(PSG)がミラン側にドンナルンマ獲得に向け6000万ユーロ(約75億円)のオファーを出したと伝えている。

 PSG側は20歳の守護神を退団が決まっているジャンルイジ・ブッフォンの後釜に迎え入れたい意向を持っているようだ。なおドンナルンマがPSGに加入した場合、アルフォンス・アレオラとのレギュラー争いが待っている。26歳のフランス代表GKは今季公式戦31試合に出場している。

 一方、今季フランクフルトにドイツ代表GKケビン・トラップをレンタル放出していたが、ドンナルンマの去就次第ではそのまま退団する可能性を伝えている。トラップはフランクフルトでヨーロッパリーグ準決勝進出に貢献するなど印象的な活躍を見せている事からフランクフルトへの完全移籍の可能性も取り上げられている。

 ドンナルンマはミランの下部組織出身で16歳242日の若さでトップデビューを果たした。20歳ながら既に公式戦174試合に出場するドンナルンマの去就が注目される。