【コロンビア 1-0 パラグアイ コパ・アメリカ2019(南米選手権)・グループB組最終節】
 
 コパ・アメリカ2019(南米選手権)・グループB組最終節、コロンビア代表対パラグアイ代表の試合が現地時間23日に行われた。コロンビアが1-0で勝利を収めた。

 既に2連勝し首位通過が決まっているコロンビアは大黒柱のハメス・ロドリゲスをベンチに置きパラグアイとの一戦に臨んだ。

 押し気味に試合を進めるコロンビアは31分にクエジャールがペナルティーエリア右でボールを受け角度のないところからシュート、ボールはGKの股間を抜け先制点を挙げる。

 決勝トーナメント進出のためには得点が必要なパラグアイだがボールは支配するものの今大会これまで無失点のコロンビア守備陣の前になかなかチャンスを作る事が出来ない。一方のコロンビアは59分にハメス・ロドリゲスがピッチに入る。すると62分にはハメスのCKからボルハがヘディングシュートもGKが防ぐ。

 68分にはハメスのパスをペナルティーボックスで受けたディアスが右足を振りぬくとゴール右隅に決まりコロンビアが追加点を挙げたかと思われたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の検証結果、ディアスがトラップの際にハンドをしたとの判定でゴールは取り消される。

 その後も優勢に試合を進めるコロンビアは試合終盤にディアスがペナルティーエリア内で倒されPKかと思われたが再びVARの結果、PKが取り消される。結局このまま試合は終了、コロンビアが勝利した。

【得点者】
31分 1-0 クエジャール(コロンビア)