【エラス・ヴェローナ 1-1 ボローニャ セリエA第1節】
 
 セリエA第1節、エラス・ヴェローナ対ボローニャの試合が現地時間25日に行われた。試合は1-1の引き分けに終わった。ボローニャ所属の日本代表DF冨安健洋はフル出場を果たした。

 右SBでフル出場を果たした冨安のセリエAデビュー戦は引き分けに終わった。アウェイのボローニャは15分、オルソリーニがペナルティーボックスで倒されPKを獲得、このファールでヴェローナのダヴィドヴィッチは一発退場となる。このチャンスをサンソーネが落ち着いて決めボローニャが幸先よく先制点を挙げる。

 勢いに乗るボローニャは25分、ソリアーノがDFラインの裏でボールを受けシュートを打つもこれはGKの好セーブに合い追加点とはならず。33分には冨安が右サイドからセンタリングを上げるも中央の選手に合わない。逆に数的不利のヴェローナは37分にFKのチャンスを得るとこれをヴェローゾが直接決め同点に追いつく。

 後半もボローニャがヴェローナ陣内でボールを動かすも決定的なチャンスは生まれない。ミドルシュートで活路を見出そうとするも、ボールは枠を捉える事が出来ない。

 結局このまま試合は終了、ボローニャは10人のヴェローナを崩しきれず引き分けに終わった。

【得点者】
15分 0-1 サンソーネ(ボローニャ)
37分 1-1 ヴェローゾ(ヴェローナ)