セリエA第3節、インテル対ウディネーゼの試合が現地時間14日に行われ、インテルが1-0の勝利をおさめた。この結果、ユベントスを抜いて首位に浮上している。

 ユベントスは2011/12シーズンにセリエAを制してから毎年優勝し、2018/19シーズンもタイトルを獲得して史上初の8連覇を達成していた。絶対王者として君臨しているが、2018年3月3日以来、約1年半ぶりに首位を明け渡すことになった。

 第3節を終えて、2勝1分のユベントス。シーズン開幕前にマウリツィオ・サッリ監督が肺炎を患い、アシスタントコーチのジョバンニ・マルトゥシエッロ氏が指揮を執ることになったが、パルマ戦とナポリ戦は勝利をおさめて好スタートを切っていた。

 しかし、サッリ監督が復帰した今節のフィオレンティーナ戦は0-0の引き分けに。インテルが開幕3連勝を飾ったことで、ユベントスが首位から陥落している。果たして、今季のセリエAでは、ユベントスの優勝を阻むチームが現れるのだろうか。