フランス・リーグアンのパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニにアメリカ・メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーが興味を示したようだ。『スカイスポーツ・イタリア』が現地時間の14日に報じた。

 LAギャラクシーでは、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの退団が濃厚でミランやナポリへの移籍が噂されている。同クラブはイブラヒモビッチの後釜として、カバーニに目をつけたようだ。

 だが、カバーニは来季からMLSに参戦するデイビッド・ベッカム氏がオーナーを務めるインテル・マイアミと事前合意に達したと報じられている。ただ、まだサインはしていない為、LAギャラクシーがカバーニの横取りを画策しているようだ。

 今季限りでPSGとの契約が満了となるカバーニの新天地は、アメリカとなるのだろうか。