元スペイン代表指揮官ルイス・エンリケ氏にスペイン代表指揮官復帰の可能性が浮上した。スペイン『アス』が現地時間の18日に報じた。

 エンリケ氏は2017年までバルセロナで指揮を執ったあと、2018年7月にスペイン代表指揮官に就任。だが、2019年6月に家庭の事情により同国代表指揮官を辞任することになった。現在、ロベルト・モレノがスペイン代表の指揮官を務めている。

 同メディアによると、スペインサッカー連盟(RFEF)はすでにエンリケ氏に指揮官就任オファーを出したという。RFEF側は来年6月に開催されるEURO2020の本大会で指揮を執って欲しいと考えているようだ。

 果たして、エンリケ氏はスペイン代表指揮官に復帰することになるのだろうか。