【リバプール 2-0 シェフィールド・ユナイテッド プレミアリーグ第21節】

 プレミアリーグ第21節のリバプール対シェフィールド・ユナイテッドが現地時間2日に行われた。試合はホームのリバプールが2-0で勝利を収めた。リバプール所属の日本代表FW南野拓実は欠場した。

 リバプールは前節のウォルバーハンプトン戦からララーナ外しミルナーを入れ替えシェフィールド戦に臨んだ。試合は開始4分、ファン・ダイクのロングパスをロバートソンが左サイドで受け中央に折り返すとサラーがダイレクトで合わせリバプールが幸先よく先制する。

 主導権を握ったリバプールは11分、ヘンダーソンのアーリークロスをペナルティーエリアでサラーがダイレクトで合わすがGKの好セーブでゴールとはならず。19分にもマネのパスを受けたワイナルドゥムがゴール正面からシュートを打つもボールはバーを超える。チャンスは作るが2点目が奪えないリバプールが1点リードで折り返す。

 後半に入ってもリバプールペースは変わらない。60分にはサラーがゴール正面から浮き玉のボールをペナルティーエリアに送ると誰も触らなかったボールは右ポストに当たりあわや追加点の場面を作る。それでも64分、サラーのスルーパスをペナルティーエリアでマネがシュート、GKが弾くも再び押し込み待望の追加点を奪う。

 一方、リーグ最少失点を誇る守備陣もシェフィールド攻撃陣にほとんど危ない場面を作られることなく試合は終了、リバプールが2-0で快勝した。

 なお、1月1日にリバプールに加入した南野は「1月1日及び2日に契約した選手は21節の試合に出場できない」というリーグ規定により欠場した。5日に行われるFAカップ3回戦のエバートン戦でのデビューに注目が集まる。

【得点者】
4分 1-0 サラー(リバプール)
64分 2-0 マネ(リバプール)