マンチェスター・シティの元スペイン代表MFダビド・シルバの新天地はアメリカとなる可能性が高まっているのかもしれない。インテル・マイアミへの移籍が口頭合意に達したとも報じられている。

 2010年からシティの中心選手として活躍を続けてきたD・シルバは、今季を最後にシティを離れることを昨年6月に表明。シティでの最後の1年間となることが見込まれるシーズンを戦っている。

 移籍先の候補としては、日本のヴィッセル神戸が獲得交渉を行っているとの報道もあった。だがイタリア『トゥットメルカートウェブ』など複数メディアは、インテル・マイアミへの移籍が口頭合意に達し、正式契約に向けて交渉が進められていると伝えている。

 インテル・マイアミは元イングランド代表のデイビッド・ベッカム氏が共同オーナーの一人を務める新設クラブ。2020シーズンからMLS(メジャーリーグサッカー)に新規参入することが予定されている。

 今月8日で34歳となるD・シルバはシティで通算400試合以上に出場し、4度のプレミアリーグ優勝など多くのタイトル獲得に貢献してきた。次なる挑戦の場はアメリカとなるのだろうか。