イタリア・セリエAのユベントスが、マンチェスター・シティを指揮するジョゼップ・グアルディオラ監督の招聘を画策しているようだ。スペイン『アス』などが現地時間11日に報じた。

 昨年6月にマッシミリアーノ・アッレグリ氏の後任として、チェルシーを指揮していたマウリツィオ・サッリ監督がユベントスの監督に就任した。サッリ体制1年目のユベントスは今季ここまで勝ち点54でインテルと並び、得失点差で2位に位置している。

 英メディア『サン』によると、ユベントスがサッリ監督の後任としてグラルディオラ監督の招聘を画策しているとのこと。だが、スペイン『アス』はユベントスがグラルディオラ監督の要求をすべて容認しなければ、招聘は難しいとも指摘している。

 シティと2021年まで契約をしているグラルディオラ監督。ユベントスで指揮を執ることになるのだろうか。