フランス・リーグアンのパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールがバルセロナ復帰に近づいているようだ。スペイン『マルカ』などが現地時間14日に報じた。

 昨夏にバルサ復帰やレアル・マドリード移籍が報じられながらも、PSGに残留したネイマール。今冬の移籍市場が終わっても、バルサへの復帰が度々報じられている。

 PSGでディレクターを務めるレオナルド氏がフランス代表FWキリアン・ムバッペの移籍は阻止するも、ネイマールの放出に関しては容認したという。

 米メディア『ESPN』によると、ネイマールの移籍金はPSGがバルサに支払った移籍金2億2000万ユーロ(約264億円)よりも大幅に下がり、1億5000万ユーロ(約180億円)程であるという。

 バルサ側は提示額に関して熟考しているようだが、果たしてネイマールはバルサに復帰となるのだろうか。