レアル・マドリードからマジョルカにレンタル移籍中の日本代表MF久保建英が、現地時間29日付の英紙『デイリー・スター』が選ぶ「まだ耳にしない21歳以下の欧州のタレントTOP5」に選出された。

 久保は昨年6月にFC東京からマドリーに移籍。マドリー・カスティージャ(Bチーム)に登録されたが、同年8月にマジョルカにレンタル移籍となった。久保は今季マジョルカで公式戦25試合に出場し、3得点3アシストを記録している。

 21歳以下のタレントでは、ドルトムントに所属するイングランド代表MFジェイドン・サンチョとFWエルリング・ブラウト・ハーランドなどがいるが、同紙はサンチョが入るのは当たり前で「誰も驚かない」とし、ミランFWラファエル・レオンらとともに久保を選出している。

 同紙は「久保は最終局面を作る能力を向上させる必要がある。3得点3アシストは驚かせるものではないが、彼が一度ボールを受けると、彼は自身の足でファンを獲得することを保証する」と久保を評価している。『デイリー・スター』が選手した5選手は以下の通り。

デヤン・クルゼフスキ(パルマ)
ドゥシャン・ヴラホビッチ(フィオレンティーナ)
久保建英(マジョルカ)
ラファエル・レオン(ミラン)
ニコロ・ザニオーロ(ローマ)