クリスタル・パレスのDFガリー・ケーヒルが、チェルシー時代を振り返った。英『デイリー・メール』の中で、現ユベントス指揮官のマウリツィオ・サッリ監督との関係に触れている。

 イングランド代表のケーヒルは同国を代表するCBの一人だったが、サッリ監督がチェルシーを率いた2018/19シーズンは出番が激減した。

 その理由についてケーヒルは「(イングランド代表が)2018年のワールドカップで準決勝まで進んだ。だから、プレシーズンの多くの試合を欠場している。今振り返ると、そこが大きかった」と語っている。

「彼は戦術に熱心だ。やりすぎと言えるほどにね。僕は多くを逃した。正直に言うと、シーズンの途中で関係はなくなったね。それが修復されることはなかったと思う」

 さらにケーヒルは、「彼がやったことのいくつかは、尊重することが難しい」とコメント。「ただ、僕はクラブと選手たちを尊重している。物事が悪い方向に向かうことは簡単だったかもしれないけど、キャプテンとしてそれは違った」と述べている。

 ケーヒルは昨年夏にクリスタル・パレスへ移籍。ここまでリーグ戦20試合に出場している。