ナポリに所属する25歳のポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキが同クラブとの契約を延長するようだ。12日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

 リバプールやインテルが興味を示すジエリンスキ。ナポリとの契約は2021年6月に終了する予定だが、同メディアによると2025年6月まで契約期間を延長する方向でナポリと話し合っているという。年俸は現在の2倍に当たる400万ユーロ(約4億6000万円)となり、契約解除金は1億ユーロ(約116億円)が設定されるとのこと。すでに合意したとの情報もある。

 2016年8月に1560万ユーロ(約18億1000万円)でウディネーゼからナポリに移籍したジエリンスキは加入初年度で主力に定着し公式戦47試合で6得点6アシストを記録した。今季は公式戦35試合に出場し2得点5アシストを決めている。