アトレティコ・マドリードの来季予算が経済的打撃によって大幅に削減されることになりそうだ。12日にスペイン紙『アス』が報じている。

 新型コロナウイルスの感染者が発生したスペインでは感染拡大を防ぐためにリーグ戦が中断された。試合を開催できないことで収入減のクラブは深刻な経済的打撃を受けている。そのダメージを少しでも緩和するために、アトレティコは選手とコーチングスタッフに対して給与70%削減を要求していた。

 同紙によると、経済的打撃は来季の予算にも影響するという。5億ユーロ(約581億円)あった予算が4億ユーロ(約465億円)に減り、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃した場合は3億ユーロ(約349億円)に減るとのこと。夏の移籍市場で積極的な補強に出ることは難しいと言えそうだ。