鹿島では活躍したが…

1993年の開幕から28年目を迎えたJリーグでは、数多くの外国籍選手がプレーしてきた。活躍した選手もいる中で、期待を大きく裏切って帰っていった選手も少なくない。今回フットボールチャンネル編集部では、川崎フロンターレで活躍できなかった外国籍選手を5人紹介する。※年齢は加入時、成績は川崎F在籍時のもの。
—————————————————————-

マジーニョ(ブラジル代表)
生年月日:1965年12月26日(34歳)
在籍期間:2000年
Jリーグ成績:8試合出場1得点

 ドイツのバイエルン・ミュンヘンでプレーしたマジーニョは、CRフラメンゴを経て1995年夏に鹿島アントラーズに加入した。鹿島では2度のリーグ優勝を含む4つのタイトル獲得に貢献。1997年には得点ランキング3位タイでチームトップの22得点を挙げた。4年半で100試合に出場して52ゴールをマークしている。

 1999年限りで鹿島を退団したマジーニョは、J2が発足した99年にJ2王者となり、J1昇格を果たした川崎フロンターレに加入した。しかし、1stステージは8試合1ゴールに終わり、2ndステージは出場機会がないまま7月に退団。下位に沈むチームを救う活躍を見せることはできなかった。

●2000年開幕戦、アビスパ福岡戦の先発メンバー

▽GK
浦上壮史

▽DF
佐原秀樹
奥野僚右
寺田周平

▽MF
長橋康弘
大塚真司
ペドリーニョ
久野智昭
アルバレンガ

▽FW
マジーニョ
浦田尚希

パラグアイ代表

アルバレンガ(パラグアイ代表
生年月日:1970年8月24日(29歳)
在籍期間:2000年〜同年6月
Jリーグ成績:13試合出場1得点

 2000年に川崎フロンターレに加入したアルバレンガ。1992年のバルセロナ五輪に出場し、95年以降はパラグアイ代表にも名を連ね、アルゼンチンのクラブでもプレーしている。

 川崎Fでは開幕から先発に名を連ね、4月15日の京都パープルサンガ戦ではPKから初得点を決めた。しかし、初めてJ1を戦うチームは苦戦が続き、ゼッカ監督は5月に解任。アルバレンガも6月に退団した。

 川崎Fを退団後、パラグアイやメキシコのクラブでプレーしたアルバレンガは、2002年の日韓ワールドカップのメンバーに選出されている。しかし、パラグアイ代表の試合はすべて韓国で行われたため、アルバレンガが日本でプレーする姿を見ることはできなかった。

●2000年4月15日、京都パープルサンガ戦の先発メンバー

▽GK
浦上壮史

▽DF
森川拓巳
奥野僚右
土居義典

▽MF
長橋康弘
今野章
ペドリーニョ
久野智昭
アルバレンガ

▽FW
マジーニョ
鈴木隆行

2度目の挑戦もチームに馴染めず

マルコ(ブラジル出身)
生年月日:1977年9月23日(24歳)
在籍期間:2002年〜同年5月
Jリーグ成績:2試合出場0得点

 193cmの長身を誇るブラジル出身のマルコ(当時の登録名はマルコス)は1998年にアビスパ福岡に加入したが、わずか1ヶ月で退団している。その後はブラジルのクラブを渡り歩き、2002年に川崎フロンターレに加入。4年ぶりに日本に戻ってきた。

 第3節の古巣・福岡戦に途中出場したが、出場機会はほとんどなかった。日本のサッカーに馴染めないことを理由に、本人の希望で5月に退団。2度目のJリーグ移籍は2試合でわずか65分の出場に留まっている。

●2002年の基本先発メンバー

▽GK
浦上壮史

▽DF
岡山一成
箕輪義信
伊藤宏樹

▽MF
塩川岳人
鬼木達
茂原岳人
久野智昭
長橋康弘
マルキーニョ

▽FW
ベンチーニョ

<h2>ブラジル代表

フッキ(ブラジル代表)
生年月日:1986年7月25日(18歳)
在籍期間:2005年、2008年〜同年4月
Jリーグ成績:11試合出場1得点

 ブラジルのヴィトーリアでプレーしていたフッキは2005年、18歳の時に川崎フロンターレに加入した。しかし、この年の川崎Fはジュニーニョ、アウグスト、マルクスが主力で、外国籍枠が埋まっていたこともあり出場機会に恵まれなかった。9試合1ゴールという成績に終わり、翌年はJ2のコンサドーレ札幌にレンタルされた。

 札幌で25得点、07年は東京ヴェルディで37得点を挙げてJ2得点王に輝いた。08年に満を持して川崎Fに復帰し、開幕から2試合に先発。しかし、第3節以降はベンチを外れ、4月2日に東京Vへの完全移籍が発表された。

 08年夏に活躍の場をヨーロッパに移したフッキは、ポルトとゼニトでゴールを量産した。ブラジル代表としては母国開催となった14年のワールドカップにも出場している。16年からは中国の上海上港でプレーし、AFCチャンピオンズリーグでも活躍。フッキのキャリアの中で唯一、活躍できなかったのが川崎Fとなっている。

●2008年開幕戦、東京ヴェルディ戦の先発メンバー

▽GK
川島永嗣

▽DF
井川祐輔
寺田周平
伊藤宏樹

▽MF
森勇介
中村憲剛
谷口博之
山岸智

▽FW
ジュニーニョ
鄭大世
フッキ

来日8年目の現役Jリーガー

パトリック(ブラジル出身)
生年月日:1987年10月26日(25歳)
在籍期間:2013年〜同年7月
Jリーグ成績:8試合出場2得点

 風間八宏が監督に就任した2013年、川崎フロンターレはパトリックを獲得する。ブラジルのサルグエイロACから期限付きで加入したパトリックにはセンターフォワードとしての活躍が期待された。

 第3節のサガン鳥栖戦、第5節の湘南ベルマーレ戦ではともに途中出場からゴールを決めた。しかし、先発の機会は第4節のヴァンフォーレ甲府戦のみで、5月以降はベンチで過ごす試合が多くなっていく。そして7月18日にパトリックの川崎退団と甲府加入が発表された。

 甲府で5ゴールを挙げたパトリックは翌年からガンバ大阪でプレー。2018年にはサンフレッチェ広島で20ゴールを挙げるなど、Jリーグ通算で59ゴールをマークしている。しかし、日本での初めて在籍した川崎では活躍することができなかった。

●2013年3月30日、ヴァンフォーレ甲府戦の先発メンバー

▽GK
西部洋平

▽DF
田中裕介
實藤友紀
伊藤宏樹
登里享平

▽MF
山本真希
中村憲剛
森谷賢太郎

▽FW
大久保嘉人
パトリック
レナト

【了】