ドルトムントに所属するノルウェー代表FWエルリング・ブラウト・ハーランドが、次節パダーボルン戦を欠場することになりそうだ。ドイツ『ビルト』などが現地時間27日に報じた。

 ドルトムントは現地時間26日に行われたブンデスリーガ第28節の試合でバイエルンと対戦。試合は1-0でバイエルンが勝利を収めた。この試合に先発したハーランドは72分に膝を痛めて交代となった。

 ドイツ『シュポルト1』などによると、ハーランドはトビアス・シュティーラー主審との不運な接触によって、負傷したとみられている。

 試合後の会見に臨んだリュシアン・ファーブル監督はハーランドの負傷度合いについて「それほど長く離脱はしないと思う」と軽症の見通しを示していた。

 ドルトムントは現地時間5月31日にパダーボルンと対戦する。この試合をハーランドは欠場することになるようだ。前節バイエルンとの一戦で敗れたことにより、首位バイエルンとの勝ち点差が7に広がってしまったドルトムント。残り6試合での逆転優勝に向けて、ハーランドの負傷は同クラブにとって大きな痛手となるだろう。