ドイツ・ブンデスリーガ第32節のブレーメン対バイエルン・ミュンヘン戦が現地時間16日に開催される。バイエルンはこの試合に勝利すれば、8連覇となる今季のリーグ優勝が決定する。

 先週末に行われた前節の時点で優勝決定の可能性もあったバイエルンだが、2位のボルシア・ドルトムントが勝利したことでお預けに。だがブレーメン戦に勝利すれば3試合を残すドルトムントとの勝ち点差は10ポイントに広がり、逆転は不可能となる。

 バイエルンは新型コロナウイルスによる中断を挟みつつリーグ戦10連勝と好調を維持。前節のボルシア・メンヒェングラッドバッハ戦に出場停止だった得点ランキング首位のFWロベルト・レバンドフスキや、アシストランキング首位のFWトーマス・ミュラーも復帰が見込まれる。

 一方、ブレーメンにとっても相手がバイエルンとはいえ1部残留に向けて負けるわけにはいかない試合。ブレーメンは自動降格圏の17位に位置しているが、プレーオフ出場となる16位のフォルトゥナ・デュッセルドルフとは得失点差わずか1点差、残留圏の15位マインツとも勝ち点3ポイント差で浮上のチャンスを残している。

 前節は最下位のパーダーボルンに5-1で快勝。FW大迫勇也も久々のゴールを挙げて勝利に貢献したが、リーグ公式サイトでは前節休養したMFレオナルド・ビッテンコートが復帰し、大迫は先発を外れると予想されている。