Jリーグは23日、2020シーズンの明治安田生命JリーグおよびJリーグYBCルヴァンカップの出場資格を得るための第2登録期間(ウインドー)および追加登録期限の変更がこの日の理事会で決定されたとして発表を行った。

 新型コロナウイルスの影響により2月末から全公式戦が延期されたJリーグは、今月27日にJ2再開およびJ3開幕が行われ、7月4日にはJ1も再開される。年間スケジュールの変更を受け、選手の登録期限も変更されることになった。

 国際サッカー連盟(FIFA)の規則に基づいて設けられるシーズン中の移籍ウインドーである「第2登録期間」は、当初予定では7月17日から8月14日までとされていたが、2週間遅く変更。7月31日から8月28日までの4週間となる。

 一方、育成型期限付き移籍や特別指定選手など、「登録期間」外でも登録可能な選手の追加登録期限も変更。J1、J2、J3ともに9月18日が期限とされていたが、11月6日に変更された。ルヴァンカップにおいては10月2日が追加登録の期限とされており、変更はない。