パリ・サンジェルマン(PSG)に所属する33歳のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニがローマへ移籍するかもしれない。29日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

 今月末に契約満了予定のカバーニ。すでにPSGとの契約延長を拒否しており、他クラブへ移籍する可能性が高まっている。ルール上選手は契約満了6ヶ月前から移籍先クラブとの仮契約合意が可能であるため、アトレティコ・マドリード、インテル、ニューカッスル、ローマと交渉を行なっているが、特にローマとの交渉が進展しているようだ。

 同メディアによると、ローマはカバーニとの3年契約を望んでいるという。近日中にローマの幹部とカバーニの代理人が会談を開く予定で、契約が成立すると考えられている。カバーニは今季公式戦22試合に出場し7得点3アシストを記録していた。