20位:バルセロナ育ちの異端児

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。※成績は7月13日時点
—————————————

FW:ジェラール・デウロフェウ(スペイン代表/ワトフォード)
生年月日:1994年3月13日(26歳)
市場価格:2000万ユーロ(約24億円)
今季リーグ戦成績:28試合出場/4得点5アシスト

 バルセロナの下部組織出身のジェラール・デウロフェウが20位にランクインした。17歳でトップチームデビューしたが、その後は期限付き移籍を繰り返し、18年にワトフォードに完全移籍している。

 足下の技術に優れるアンドレス・イニエスタや、オフザボールの動きに秀でたペドロ・ロドリゲスのような選手を多く輩出してきたバルセロナの中で、デウロフェウは異端な存在だった。足下でボールを受けることを好み、鋭いドリブルでサイドを切り裂くプレーを得意としている。

 そのポテンシャルは誰もが認めるところだが、それに固執するあまり、なかなか結果を残せないシーズンが続いた。しかし、同時期にワトフォードにやってきた同胞のハビ・グラシア監督から高い評価を受け、昨季は初めてトップリーグで2ケタ得点をマーク。今季も残留を争うチームの攻撃陣をけん引している。

19位:唯一無二のセンターフォワード

FW:ロベルト・フィルミーノ(ブラジル代表/リバプール)
生年月日:1991年10月2日(28歳)
市場価格:7200万ユーロ(約86.4億円)
今季リーグ戦成績:35試合出場/8得点7アシスト

 ドリブラーのパブリックイメージとは離れているかもしれないが、ロベルト・フィルミーノもドリブルを得意としている。リバプールやブラジル代表では9番の位置(センターフォワード)でプレーし、時折中盤に降りてきてチャンスメイクに絡む。

 リバプールが自陣からカウンターを開始するとき、フィルミーノは相手のDFラインと中盤の間にポジションを取っていることが多い。フィルミーノはパスを受けてボールを運び、サディオ・マネとモハメド・サラーという最強の両翼の特徴を引き出す。スピードに優れたタイプではないが、ボールをキープする能力に長け、周りを活かすプレーもできる。抜くドリブルというよりは、運ぶドリブル、キープするドリブルを得意としている。

18位:ボールを失わないドリブル

MF:マルコ・ヴェラッティ(イタリア代表/パリ・サンジェルマン)
生年月日:1992年11月5日(27歳)
市場価格:6000万ユーロ(約72億円)
今季リーグ戦成績:20試合出場/0得点5アシスト

 18位に入ったマルコ・ヴェラッティも典型的なドリブラーではない。パリ・サンジェルマンではチアゴ・シウバと並ぶ最古参の一人。不動の地位を築くレジスタで、高い足下の技術とボール奪取力を武器に、豊富な運動量で攻守に貢献している。

 165cmと小柄で、フィジカルやスピードに優れているわけではないが、抜群のキープ力を誇る。中盤でボールを受けると、しなやかなドリブルで相手のプレッシャーをかわしてチャンスにつなげる。狭いエリアでもボールを失わずに運ぶことができるヴェラッティは替えの利かない存在となっている。

17位:バイエルンの心臓

MF:チアゴ・アルカンタラ(スペイン代表/バイエルン・ミュンヘン)
生年月日:1991年4月11日(29歳)
市場価格:4800万ユーロ(約57.6億円)
今季リーグ戦成績:24試合出場/3得点0アシスト

 チアゴ・アルカンタラもヴェラッティと同様に、ドリブルを得意とする中盤の選手。バルセロナの下部組織出身で、ペップ・グアルディオラ監督時代の2009年にトップチームでデビューした。当時はイニエスタやシャビ・エルナンデスがいたためあまりチャンスを得ることができなかったが、グアルディオラに乞われる形で13年にバイエルン・ミュンヘンに加わっている。

 バイエルンでは中盤の底で攻撃を組み立てるのが主な仕事で、サイドを切り裂くようなドリブルを披露する機会はめったにない。フィジカルの強さやスピードはないが、軽やかな身のこなしで相手を抜き去り、プレッシャーを受けても上体のフェイントでかわす。まさにチームの心臓と呼ぶにふさわしい選手である。

16位:レアルの魔法

MF:イスコ(スペイン代表/レアル・マドリード)
生年月日:1992年4月21日(28歳)
市場価格:4000万ユーロ(約48億円)
今季リーグ戦成績:20試合出場/0得点1アシスト

 16位にはレアル・マドリードのイスコが入った。バレンシアの下部組織出身で、マラガでブレイク。13年にレアルに移籍すると、4度のUEFAチャンピオンズリーグ優勝を含めた数々のタイトル獲得に貢献している。

 4-3-3の陣形で戦うレアルではウイングの一角で起用されるが、攻撃時は中央でプレーすることが多い。スピードはないものの、足技やボディフェイントを駆使して相手の逆を突く。シュートやラストパスを出す能力に優れ、ゴールに絡むプレーを得意としている。

 レアルでは確固たるレギュラーの座を掴むことはできていないが、好調時は誰にも手が付けられない。マヒア(魔法)と称されるイスコのプレーは華があり、見るものを魅了する。

【了】