チェルシーに所属する31歳のブラジル代表FWウィリアンが、週末までに契約延長に合意する可能性が浮上した。27日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。

 今季終了後にチェルシーとの契約が終了するウィリアン。以前から契約延長交渉は続いているが、ウィリアンは3年契約を望んでいるもののチェルシーが2県契約しか提示しておらず、折り合いがつかない状態が続いていた。そんな中、アーセナルやマンチェスター・ユナイテッドなどがウィリアンの獲得を検討。契約更新が実現しなければ、他クラブへ移籍する可能性があった。

 同紙によると、多くのクラブからオファーが届いているにも関わらず、新契約に関して画期的な成果が得られたいう。そして、週末までにウィリアンがチェルシーとの契約延長に合意する可能性があるとのこと。そのため来季もチェルシーに残留するかもしれない。