リーグアンのレンヌに所属する17歳のMFエドゥアルド・カマビンガのレアル・マドリード行きがなくなるかもしれない。スペイン『アス』などが現地時間27日に報じた。

 マドリーが獲得を狙っていると言われるカマビンガ。しかし、マドリーはもう1年待って来年に獲得する可能性があると報じられている。またマドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は、現状の戦力と久保建英らの若手に満足していて、今夏の補強には消極的であるという。

 さらに、カマビンガには複数のオファーが届いていて、同選手本人はマドリーが獲得に1年待つことに対して不満を抱いているようだ。

『レキップ』などのフランスメディアによると、そんなカマビンガに対してパリ・サンジェルマン(PSG)とバイエルンが興味を示しているという。マドリーからの横取りの可能性があるようだ。

 レンヌの17歳MFはスペイン王者ではなく、フランス王者かドイツ王者に移籍することになるのだろうか。