バレンシアは現地時間27日、ハビ・グラシア氏の新指揮官就任を発表した。クラブの公式サイトで伝えられている。

 バレンシアはシーズン中の先月29日、今季からクラブを指揮していたアルベルト・セラーデス氏の解任を発表。暫定で「ボロ」ことサルバドール・ゴンサレス・マルコ氏が今季終了まで指揮を執った。

 そして、バレンシアは27日にグラシア氏が来季から指揮を執ることを発表。2022年までの2年契約を締結した。グラシア氏は2014年から2016年までマラガで指揮を執り、2016年にロシアのルビン・カザン指揮官に就任。その後、2018年から1年間はワトフォードで指揮を執った。グラシア氏にとって、4年ぶりのスペイン復帰となった。