15位:希少なファンタジスタ

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。※成績は7月26日時点
——————————-

MF:メスト・エジル(元ドイツ代表/アーセナル)
生年月日:1988年10月15日(31歳)
市場価格:1750万ユーロ(約21億円)
今季リーグ戦成績:18試合出場/1得点2アシスト

 シャルケでトップチームに昇格したメスト・エジルは、ブレーメンでブンデスリーガを代表する選手に成長した。レアル・マドリードではジョゼ・モウリーニョの下で主力として活躍し、リーグ優勝を経験。13/14シーズンからはアーセナルでプレーしている。

 左足から放たれるキックは変幻自在で、ピンポイントで味方に届き、ときにゴールネットを揺らす。一度ボールを持てばチャンスに関わる仕事をすることができるエジルは、現代に生き残る数少ない古典的なファンタジスタと言えるだろう。

 今季はウナイ・エメリ前監督やミケル・アルテタ監督の下で出場機会を得られていない。守備面での貢献度の低さが度々指摘されるが、それを補って余りあるだけのテクニックをエジルは有している。類まれなる精度を誇る左足を持つエジルは30歳を超えてなお、見るものを魅了し続けるだろう。

14位:右サイドを切り裂くドリブラー

FW:リャド・マフレズ(アルジェリア代表/マンチェスター・シティ)
生年月日:1991年2月21日(29歳)
市場価格:4800万ユーロ(約57.6億円)
今季リーグ戦成績:32試合出場/10得点12アシスト

 リャド・マフレズがトップチームでデビューしたのはフランスのル・アーブルというチームで、リーグドゥ(2部)を舞台に戦っていた。ここで主力に定着したマフレズは2014年1月にチャンピオンシップ(イングランド2部)で戦うレスターに移籍。プレミアリーグ昇格に貢献したマフレズは15/16シーズンに17得点10アシストと大爆発し、PFA(イングランドサッカー選手協会)年間最優秀選手賞を受賞に輝く活躍で、レスターを奇跡と呼ばれたリーグ優勝に導いている。

 レスター時代はロングカウンターからゴールを量産した。右サイドでボールを持てば、テクニカルなボールタッチや深い切り返しで相手を剥がし、カットインからのシュートやラストパスでチャンスを作る。18年夏に移籍したマンチェスター・シティではオフ・ザ・ボールの動きも向上。プレーの引き出しは増え、相手も対応が難しいウインガーに変貌を遂げている。

13位:レアルの魔法使い

MF:イスコ(スペイン代表/レアル・マドリード)
生年月日:1992年4月21日(28歳)
市場価格:4000万ユーロ(約48億円)
今季リーグ戦成績:23試合出場/1得点2アシスト

 13位にはイスコが入った。バレンシアの下部組織出身のイスコは、11/12シーズンにマラガに移籍。主力としてマラガの躍進に貢献し、UEFAチャンピオンズリーグでも活躍すると、13年夏にレアル・マドリードに移籍した。在籍7シーズンで4度の欧州制覇、2度のリーグ優勝を経験している。

 守備面での不安もあり、レアル・マドリードでは絶対的な存在とは言えないイスコだが、そのテクニックは誰もが認めるところ。「マヒア(魔法)」と呼ばれるそのプレーは、創造性に満ち溢れている。ドリブル、ボールタッチ、パス、シュート、どれをとっても技術が高く、攻撃のあらゆる局面で貢献することができる。

12位:バロンドーラ―

MF:ルカ・モドリッチ(クロアチア代表/レアル・マドリード)
生年月日:1985年9月9日
市場価格:1200万ユーロ(約14.4億円)
今季リーグ戦成績:31試合出場/3得点8アシスト

 クロアチア代表で、レアル・マドリードに所属するルカ・モドリッチが12位にランクイン。ディナモ・ザグレブで頭角を現し、トッテナムの主力として4年間プレー。12/13シーズンからプレーするレアル・マドリードでは4度の欧州制覇に貢献している。UEFAチャンピオンズリーグ制覇とクロアチア代表でFIFAワールドカップ準優勝に輝いた2018年にはバロンドール賞を受賞した。

 モドリッチはインサイドハーフ、トップ下、ボランチなど、中盤であればどこでもハイレベルにこなすことができる。広い視野とテクニックで味方を活かし、ディフェンスでは味方が空けたポジションを的確に埋める。

 モドリッチの貢献度が主要なスタッツに表れることはない。豊富な運動量をベースに、あらゆる能力に秀でている。卓越した能力を持ちながら、チームプレーに徹するプレースタイルが、モドリッチがレアルで信頼を勝ち取ってきた理由と言えるだろう。

11位:マンCのレジェンド

MF:ダビド・シルバ(元スペイン代表/マンチェスター・シティ)
生年月日:1986年8月1日(33歳)
市場価格:1200万ユーロ(約14.4億円)
今季リーグ戦成績:26試合出場/6得点10アシスト

 モロッコや西サハラに近いカナリア諸島のグランカナリア島で生まれたダビド・シルバは、15歳でバレンシアの下部組織に加入。期限付き移籍を経てバレンシアの主力に成長し、10/11シーズンからマンチェスター・シティへと活躍の場を移している。

 今季限りでシティを退団したシルバは名実ともにクラブのレジェンドと呼ぶにふさわしい。プレミアリーグ309試合出場、93アシストはクラブ歴代最多の記録で、4度のプレミアリーグ優勝を経験している。

 同胞のペップ・グアルディオラ監督の下ではインサイドハーフとして攻撃のタクトを握った。クリエイティビティ溢れる左足のキックで数多くのチャンスを生み出し、毎年のように2ケタ得点、2ケタアシストに近い数字を残している。シルバのテクニック、判断力、技術のすべてが攻撃的なサッカーを実現するために必要不可欠な要素だった。

【了】